1. TOP
  2. お金・マネー
  3. 結婚相手に求める条件!男性は年齢と外見、女性は年収と外見と学歴と…

結婚相手に求める条件!男性は年齢と外見、女性は年収と外見と学歴と…

 2015/03/28 お金・マネー
この記事は約 11 分で読めます。

婚活してもなかなか結婚できない男女が増えている。結婚相談所の成婚率は10%以下。婚活パーティーや街コン、ネット婚活だと3%とかになるそうだ。これではいくらがんばっても結婚できない可能性も高い。少子高齢化の流れは、ますます進んでいくだろう。

では、いったいなぜここまで成婚率が低いのか。「男が悪い」「女が悪い」「景気が悪い」「国が悪い」「時代が悪い」などいろいろ意見はあるだろうが、やはり一番は男女の希望条件のミスマッチになると思う。

年収、職業、学歴、ルックス、性格など挙げだしたらキリがないが、やはり婚活はお互いのプロフィールと写真を見て合うか合わないかを判断してしまう。多くの異性を見てしまうと、「もっといい人がいるんじゃないか」となりやすい。

気持ちは分かるが、基準や期限がないとダラダラと月日が流れていくことになってしまう。

そこで今回はネット上によく出てくる【男の年収と女の年齢】に関してお話ししていこう。これを見てイヤになる人も多いかもしれないが、これが現実だと受け止めることが結婚するためには必要なこと。

本気で結婚したいのなら、まずは正しい情報を頭に入れよう。大人になるためには現実から目をそらさず、受け止めることも必要なのだ。

男の年収と女の年齢

自分を客観的に見る事は難しい。 特に女性は。
ここで、一般的な男性の考えを、女性の皆さんにも分りやすく説明して見ましょう。

20代前半女性=年収600万男性(上場企業の平均年収)
20代中盤女性=年収500万男性
20代後半女性=年収400万男性(日本の男の平均年収)
28-30歳女性=派遣社員男性
31-35歳女性=アルバイト男性
36-39歳女性=ニート男性
40歳以上女性=要介護老人男性

ここに、特別可愛いとか、性格が良いとなれば、加点されます。
パートナーとして、いい就職口を持っている女性も加点されるでしょう。
基本的に男女それぞれの恋愛市場における価値は、こんなもんです。
30代の独身女性は、男性に価値を置き変えると、
フリーター・ニートか、よくて派遣レベルだということを自覚して下さい。

あなたがたが、ニートや派遣の男性との結婚にしり込みしてしまうように、
男性も30代を迎えたあなた方との結婚にしり込みしてしまうのです。

引用:matomechan.blog129.fc2.com

これはおもわず笑ってしまう(笑)ただこれくらい言っておかないと、今の婚活女には伝わらないかもしれないな。

  • 年収1,000万円以上の独身男性は「100人に1人」
  • 年収600万円以上の独身男性は「20人に1人」
  • 年収400万円の独身男性は「4人に1人」

しかいないのだから、これくらいがちょうどいいのかもしれない。

もちろん上記にはルックスや性格などは含まれていない。ただ、男の年収と女の年齢だけでいえば、これくらいが釣り合いゾーンだと思ったほうがいいだろう。

婚活をはじめる年齢と活動期間|妊活、高齢出産などから逆算してみた」こちらにも書いたが、1993年までは30才以上の初出産のことを高齢出産と呼んでいた。また、高齢出産は流産や帝王切開が増えるなどのリスクもある。

千葉県浦安市で卵子凍結に助成金が出るというニュースも世界的に話題となったそうだが、こちらも「34才以下の女性」という年齢制限がある。

やはり妊娠・出産のことを考えると、男も20代の女性と結婚したいと思ってしまう。これは女が安定した収入の男を求めるのと変わりはない。

続けてもう一つ紹介しよう。

男の年収と女の年齢 その2

女の年齢 男の年収

16歳 1200万円

18歳 1100万円

20歳 1000万円

22歳 900万円

24歳 800万円

26歳 700万円

28歳 600万円

30歳 500万円

32歳 400万円

34歳 300万円

36歳 200万円

38歳 100万円

40歳 0万円

引用:misty black

こちらのほうが細かく、具体的でいいかもしれない。

ただ28才で600万円にしてしまうと、20人に1人しかいない独身男性では足りなくなってしまう。もう2~4才ずつずらさないといけないな。

婚活女性、年齢は何歳までに結婚するべきか?婚活市場での価値について」でも書いたが、やはり20代女性が一番需要があり高く売れる時期。特に高収入男性に人気のピークは【25歳の女性】になるようだ。

最近は若い女性も婚活市場に参加している。婚活パーティーにも20代前半の女性、就職の決まった女子大生も参加している。若い子もマッチングアプリを使っている。

先手必勝ではないが、後になって後悔するよりは早めに婚活をスタートし落ち着いたいという気持ちなんだろう。

「20代前半で婚活なんて、まだ早いよー」

という声もあるかもしれないが、私は逆にその先見性を高く評価する。

結婚相談所の釣り合いゾーン

これはとある結婚相談所の人が話していたことだが、結婚相談所での釣り合いゾーンは以下のようになるらしい。

①男の平均年収 年齢×10万円

30才の男なら300万円。35才なら350万円となる。住まいが首都圏か地方でも異なるが、まずはこの年収がベースとなる。

②男女の年齢差×10万円をプラス

・30才の男性を希望する女性が27才なら、年収330万円の男性

・35才の男性を希望する女性が25才なら、年収450万円の男性

が釣り合いゾーンとのこと。

これを知った女性は、

「はぁ?そんな平均年収低いの?」

「歳の離れた人と結婚なんて嫌だ。同年代がいい。」

と思うかもしれないが、それでは結婚できないし婚活をしても苦しむ。そして、相手の男性にも迷惑をかけてしまう。ひどい女は「妥協しなきゃいけないの?」と言いだす。

これでは男も婚活市場からいなくなっても仕方がないだろう。

男の年収は上がるが、女の年齢は下がる?

時間が経てば男も女も年を取ってしまうのは仕方がないことだ。これはどうにも変えられない普遍的なもの。いくら美魔女になろうが、年齢は変えられない。

逆に男の年収は大企業に勤めていたり、公務員なら年功序列で上がっていく。これを考えると、男が婚活をした場合じっくりと選ぶスタイルを取るほうがいいに決まっている。

逆に女は早く結婚しなければ、どんどん婚活市場の価値は落ちていく。のんびり婚活をしたり、自然な出会いを待っているだけでは売れ残る確率は高いだろう。

よく「3年つきあった彼氏に捨てられた!」という話も耳にするが、これは3年の間に「あなたと結婚したい!」と思わせることができなかった女側にも責任があるのだ。男のせいにして責任転換をするような女だから捨てられるのだ。

その彼がもともと結婚する気がなかったのかもしれないが、それを見抜く目を持っていなかったこともあるだろう。

勘違い母娘コンビとは?

前にヤフー知恵袋にこんな質問があった。

つきあって1年になる彼氏がいるのですが、なかなかプロポーズしてくれません。

母も、『1年も付き合ってるんだから、彼も早く責任とって結婚しなさいよねぇ。』と言っています。

私は婚活したくないので、彼でいいと思っています。早く結婚して仕事をやめたいです。

どうしたら結婚できるでしょうか?

 

そんな感じの投稿があったのだが、男はこんな女とは結婚しないほうがいい。母の発言もどうかと思う。

男は「この女性を逃したくない!ずっと一緒にいたい!」と思ったら、ちゃんと結婚を考えるだろう。

あるデータによると、いつかは結婚したいと思っている男性はかなりの数いるのだ。結局、いい女がいないだけ。女性も男から結婚したいと思われるよう努力しなければいけない。

年収以外にも…

女が結婚相手に求めるものは金だけではない。外見や職業、学歴、身長、性格、フィーリングとあらゆる面で細かくチェックし、求めすぎているのだ。

こちらもあるアンケート結果で分かったことなのだが、

・男性が女性に外見を求めているのと同じくらい、女性も男性の外見にこだわっている。

ということだ。

年収も外見もあれもこれもと求めていたら、それを満たす男なんていないだろう。理想的な男と結婚できる確率は、宝くじに当たるよりも低くなってしまう。

実際に婚活をしてて思うのは、本当にこのことを分かっていない女性が多いということだ。

30才を超えたくらいから「ちょっとヤバい…。」というのが顔から伺える。20代半ばくらいの女性だと半分遊び感覚で婚活パーティーに来ている。そんなんではいつまで経っても結婚できないだろう。

著名人の見解

今回話したことが本当かどうか、疑っている人もいるかもしれないので、最後に著名人の言葉を載せておこう。

評論家の三浦展、エコノミストの門倉貴史らは、結婚相手の収入に対する女性側の要求水準が高まり、少子化が進む一方、収入の不安定な者同士の「できちゃった結婚」が増えることで、社会階層(ないし階級)の固定化及び世襲化が進むと論じている。

野村総合研究所の調査によると、50歳未満の未婚男性では、年収400万円未満の割合が83.9%である。しかし、一般的な女性の理想相手とする男性の年収は500-700万円であり、男性の僅か4.9%しかいない。それらの男性ですら、結婚後は共働きを希望している。

一方で女性は、金融危機や不況などを原因とした、就職活動への絶望もあり「専業主婦願望」は高まっているのである。養って欲しい女性と専業主婦を養い、かつ養う気のある男性とのバランスは崩れ、その結果ジャーナリストである岡林くみこは『婚活の限界は既に見えている』と説いている

引用元:wikipedia

社会学的見地から婚活を推進している山田昌弘さんは、「とにかく、女性の結婚に対する期待水準が高くなりすぎているのが、すべての元凶」と断言。

未婚女性の40%が年収600万円以上の男性と結婚したいと思っているが、実際、25~35歳の未婚男性のうち年収が600万円以上の人はたったの3.5%。
専業主婦狙いの男性依存型もスーパーキャリアウーマンも、みんなこの3.5%に群がってるのだ。

引用元:naver

手厳しい見解だが、一つの意見として素直に受け入れることも結婚するためには必要かもしれない。

もちろんすべての原因が女性にあるわけではないし、男にも原因はある。個々人にもよる。不誠実なメシモク女やヤリモク男もいれば、誠実な男女もたくさんいる。

なので、今はそういった時代なんだと認識することが大事だ。

だが、必要以上に悲観的に考えることでもない。たかが結婚だ。結婚できなくても、子がいなくても不幸になると決まったわけではない。

独身でも幸せな人もいるし、結婚して家族がいても苦しんでいる人はたくさんいる。離婚率も高いし、不倫や浮気のニュースも鬱陶しいくらい目にする。

「結婚=幸せ」ではないのだ。

視野を広げて、今の時代どうやったら幸せになれるのかを今一度考えてみるのもいいかもしれない。

併せて読みたい婚活記事

「婚活サイト・アプリで結婚できるの?」実際20個以上使った男からの意見

これで安心!婚活パーティー 11社のイベント 傾向と対策

まとめ

今回は男の年収と女の年齢に関してお話しさせていただいた。まぁ、こういったコピペはネット上にたくさんあるので知っていたかもしれないし、女が見たら怒ってしまう内容かもしれない。

何もイジワルで言っているのではない。これはハズレてもいないし、これくらいだと思わないと結婚できないほど今の日本の現状はひどい。

非正規雇用の男女は増えているし、正社員で働いてたってブラック企業や低賃金で働かせるところは山ほどある。大企業の不祥事もちらほらニュースで見かける。

雇用問題だけではなく、若者の恋愛離れ、結婚離れも加速し、晩婚化・未婚化は止まらない。このままでは少子高齢化もますます進むだろう。

それでもあなたは理想の条件の異性が現れるまで待ちますか?

「妥協するくらいだったら、一生独身でもいい!」

と覚悟があるのならその考えを貫けばいいが、どうしても結婚をしたいのなら、こういった指標も受け入れなければならないだろう。

 

(続けて、婚活必勝法を見る)

婚活パーティー基礎知識

 婚活パーティーに50回以上行った男が全てを暴露!服装・立ち回りについて

一年以内の結婚を目指すなら結婚相談所

「結婚相談所はどこに入会すればいいのか?」詳しく解説してみた!

ファッション

【服装 男性編】清潔感のある白いシャツがオススメ?

【服装 女性編】女子アナ・アイドル・お嬢様を目指せ!

コミュニケーション

【会話 女性編】まずは笑顔、声はワントーン上げろ!

【モテモテ会話術】覚えておきたい話し方5つのテク

【体験談】見事成婚した婚活プリンセスの物語

29才女性 男運が悪く、結婚する気のない彼と別れ結婚相談所IBJへ入会

30歳女性 先輩を反面教師にし結婚相談所へ入会→成婚退会した体験談

この記事のタイトルとURLをコピーする


Sponsord Links

\ SNSでシェアしよう! /

婚活レボリューションの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

婚活レボリューションの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
2018年度版!ネット婚活ランキングTOP3
「真剣に婚活している女性と出会いたい!」

「真面目な男性と出会いたい!」

そうあなたが思うなら、ぜひ以下の「2018年度版!ネット婚活ランキング TOP3」をチェックしてください。

20個以上のマッチングサイトを使ってきた私が優良婚活サイトを徹底的に分析し、順位づけしました。

 

第一位 ユーブライド



mixiグループが運営する婚活サイト。会員数は150万人を突破しました。

サイト版・アプリ版と両方あるので、使い勝手も良いです。

プロフィール項目はかなり細かく記載できるので、男女共に真剣度が高いです。女性は無料プランでも十分活動できます。

また、サクラゼロ宣言もしているので初心者でも安心して使えます。


第二位 with(ウィズ)



「絶対に恋愛結婚したい」ならwithをオススメします。

withの強みは、異性とのマッチングイベントが多く、出会いのきっかけを作りやすいことです。

メンタリストDaiGo監修の性格診断テストや、2週間に1回のペースで追加される心理テストの結果をもとに、多くの異性とマッチングできます。女性は無料で使えるのも嬉しいですね。

会員は73万人を突破。そのうち約7割は20代ですが、結婚願望の強い真面目な男女が多いです。

「同年代とまじめに恋愛したい!」という20代の方にオススメです。


第三位 ゼクシィ縁結び


ゼクシィ縁結び

アラサーにオススメの婚活サイトと言えば、ゼクシィ縁結び。

あのゼクシィブランドですし、運営もリクルートなので安心。婚活サイトの中では若めのアラサー会員中心です。

価値観診断で幸福度の高いマッチングをできたり、デートセッティングの代行サービスまでありと至れり尽くせりです。

有料会員のみに顔写真を公開することができるなど、真剣に出会える仕組みも整っています。

先ほど紹介した2つのサイトに比べると登録者が少ないので、まずは無料登録をして、どんな異性がいるかチェックしてみるといいでしょう。


ライトな恋活アプリはこちら

ライター紹介 ライター一覧

ATSUSHI

ATSUSHI

婚活・恋活を研究するアラサーの独身男女中心の編集部 編集長ATSUSHIは恋愛・婚活書籍を100冊以上読破 婚活パーティーに50回以上参加 これまでに100万円以上もの費用を婚活に費やす。あなたが同じ過ちを犯さないよう、婚活に関するすべてを公開するためにHPを立ち上げる!

関連記事

  • 婚活ニュース!女性が男性に求める年収の平均額は640万円?

  • 「どうしたらお金持ちの男性と結婚出来ますか?」という女性の悩みの答え

  • 憧れの職業CA(キャビン・アテンダント)が変な副業をしている?