1. TOP
  2. 婚活ブログ
  3. 「婚活市場は男性不足、女性余りって本当?」徹底的に調べてみた結果

「婚活市場は男性不足、女性余りって本当?」徹底的に調べてみた結果

 2018/05/25 婚活ブログ
この記事は約 11 分で読めます。

婚活市場は「男性不足、女性余り」と言われています。ネットでもそのような書き込みをちらほら見かけます。

昔は結婚相談所の利用者は結婚できない男性が多く、男余りなイメージもありました。ですが、今の時代、結婚相談所の男女比は男3:女7といった話もあります。結婚できないと諦めてしまい婚活市場に現れなくなってしまったのでしょうか。

婚活は男性不足・女性余りは本当なのか。調べてみたので、私の経験も交えてお話させていただきます。

・【真面目に結婚相手を探している方へ】当サイト一押しの婚活サイトはこちら

結論から述べます

■各婚活の男女比 (男:女)

・結婚相談所 4:6~3:7

・ネット婚活 7:3~6:4

・婚活パーティー 6:4~5:5

・婚活イベント(街コンなど) 5:5

・相席居酒屋 6:4

こんなところでしょう。そんなに驚くほどの偏っていることはありませんね。

女性の場合、無料で利用できるネット婚活や相席屋だと、女性もたくさん集まります。男性も気軽に利用できるので、男性も集まります。

逆に活動費用や真剣度の高い結婚相談所だと、男性不足になりがちです。独身証明書や収入証明、学歴証明などの必要書類も揃えないといけません。他の婚活をしてもうまくいかない人の「最後の砦」となっているようです。

これらの男女比から関耐えると、次のようになります。

・真剣に結婚を考えている男性には、結婚相談所がオススメできる。

・女性の場合、マッチングアプリなどで探すといい

男女比が全てではありませんが、なるべく異性が多く、ライバルが少ない場所で活動したほうが効率よく異性と出会えます。

逆にライバルの同性が多く、異性の数も少なければ厳しい戦いとなります。

このことを踏まえた上で、各婚活について細かくみていきましょう。

結婚相談所の男女比

結婚相談所の男女比は男4:女6くらいと言われています。これが関東の30代男女になると、男3:女7と完全に女性余りとなるそうです。中には、男1:女3といった噂もあります。

下記は大手結婚相談所IBJの男女比です。男性41%、女性59%となり、女性会員が1万人以上余ってしまう計算です。

出典:IBJ公式

ではなぜ男性会員が少ないのでしょうか。

入会金や月額費用で男女の料金はそこまで変わりませんが、男性の場合入会の際に条件が付くケースが多いようです。

・定職についている方

・年収〇〇百万円以上の男性

 

などを掲げているところもあります。

やはり非正規雇用や低年収男性の場合、入会したとしても全くお見合いを組めなかったり、仲介も紹介できる女性がいないのでクレームに発展してしまう可能性が高いのでしょう。

安定した職業の男性や高年収男性に人気が集まってしまいますので、仕方がないのかもしれません。

ちなみに、男性の年収の目安として、「年齢×10万円」あれば入会は大丈夫とのことです。30才なら300万円、40才なら400万円ですね。

逆に女性の場合、年齢を条件にする相談所もありますが、基本的に健康であれば入会できるようです。

男性の場合は、入会時に審査があり、女性は基本的には誰でも入会できるとなれば男女比は変わってしまうでしょう。

ですが、それだけでここまで男女比率が変わってくるものなのか。

他に考えられるのは、

・他の気軽な婚活サービスがあるので、そちらを利用している

・女性に比べて結婚への焦りが遅いので、まだ余裕がある

・すぐに結婚というより、まずは彼女が欲しいと考えている

・結婚相談所に入会するくらいなら結婚しなくていい

・結婚相談所へ入会しても結婚できないと諦めている

などでしょうか。

やはり結婚相談所での活動は数十万円支払うことになります。最近は安い結婚情報サービスもありますが、それでも毎月1万円くらいは支払うようです。

もちろんそれで結婚できればいいのですが、現状、大手結婚相談所の成婚率は10~20%ほどと言われています。

また、結婚相談所の女性会員の理想も一般女性に比べて高いそうです。「最後の砦」」と呼ばれる結婚相談所なだけに、厳しい目で男性のスペックを審査してしまうのでしょう。

そうなると、やはり男性も他の婚活を選んでしまうでしょう。様々な出会いのサービスが展開されるのはありがたい事ですが、逆に気軽な出会い方が増えた分、真剣度も下がってしまう傾向なのかもしれませんね。

【関連記事】「結婚相談所はどこに入会すればいいの?」大手を含む9社を徹底解説!

婚活パーティー・街コンの男女比

婚活パーティーや街コンのイベントは、基本的には男女の人数を揃えて募集しています。また、人数調整もしますので、男性が集まりすぎた場合は募集をストップします。

多少は募集人数と変わることもありますが、だいたいのイベントは男性がちょっと多いくらいです。

開催場所や時間帯、タイミングによっても変わりますが、だいたいの婚活パーティーは男性が1~2割ほど多かったです。特に首都圏のパーティーだと人数は集まりやすいので、そこまで人数に困ることもないでしょう。

調べてみたところ、正確な数字は分かりませんでしたが、マッチングアプリのマッチアラームが調査した結果は以下になります。女性のほうが参加経験率は高いようですね。

出典:マッチアラーム公式

2ちゃんねるなどでは、

「男性30人に対して、女性は5人しかいなかった」

「ハイステイタス男性限定のパーティーに参加したら、女性ばかりだった」

という書き込みもありますね。

私もたくさんのパーティーに参加してきましたが、10回に1回くらいは全然女性がいないイベントに遭遇します。

また一度ハイステイタス限定のパーティーに行った時は、確かに女性参加者のほうが多かったです。男性8人に対して、女性15人くらいいました。

やはり需要と供給のバランスで、こうなってしまうのでしょう。

女性は効率を考えるとハイステイタス男性や安定した職業の男性限定のイベントに参加したくなる。それらに当てはまらない男性は、一般のイベントに参加するしかない。

ただ、一般のイベントに参加しても結局ハイスペックな男女に人気が集中するようです。男性医師限定の婚活パーティーは女性も高い参加費を払いますが、結局男性医師が求める女性は「育ちがよく、若くてかわいらしい女性」になってしまうようです。

また、パーティーにほとんど人数が集まらない時もあります。男性5人、女性3人の小規模なパーティーもあるようです。これだと、合コンとあまり変わらないですね。

ただ、婚活パーティーや街コンに関しては場所と開催日時と時間帯さえ間違えなければ、たくさんの異性と出会えます。

以前もお伝えしたが、金土の週末の夜のイベントは一番人数が集まります。逆に平日の夜や昼間のイベントだと全然人が集まらない時も多いので気をつけましょう。

【関連記事】オススメの婚活パーティー11選!安心して参加できるパーティーランキング

相席居酒屋の男女比

相席スタイルで異性と出会える相席居酒屋やバーはどうでしょう。

最近は全国各地にあるので、利用したことある方もいると思います。女性は無料で利用できるのが売りですね。全体的な男女比は男性のほうがやや多いくらいでしょう。

以前は相席屋を利用するのに2時間待ちは当たり前でしたが、最近だと平日はそこまで混んでいないようです。

最近は相席居酒屋の高級版、相席ラウンジEVEやJISもあり、そちらのほうにお客さんが流れているようです。週末の21~22時台になると2~3時間待ちになることもあります。

女性は遅くなるとお店に入れないので、19~20時の早い時間から席を取りにいく子もたくさんいます。お店で待っている分にはお金はかかりませんからね。

ただし、相席屋での出会いは真剣な婚活というよりは、遊び半分・暇つぶしの方も多いので結婚につながるかどうか、何とも言えないところもあるでしょう。

女性の場合、スマホのアプリを使って相席屋へ行く女性を探している方がたくさんいます。ジモティーやツイッターの裏アカウントを使っているようです。女性はお金がかからないので、暇な時に一緒に行ける同性がいれば行けますし、友達にもなれるので一石二鳥ですね。

また、男性の中には既婚者や恋人持ちも人、仕事の接待で使う人もいるとのことです。

真面目に出会いを探している男女ばかりではないので、段々まともな人は利用しなくなってきているのかもしれません。個人的な経験でも、相席屋が流行った当初に比べて普通の人は利用しなくなってきていると感じています。

恋人探しというよりは、相席というシステムを使って楽しむ場と考えたほうがいいかもしれませんね。

【関連記事】相席居酒屋に10回以上行った男の体験談&感想レポ

ネット婚活の男女比

スマホで気軽に始めることができるネット婚活。最近はアプリの広告もイヤというほど目に入ってきますよね。

この手のマッチングアプリの場合、男性が多いと公開している会社が多いです。平均すると、全体的に男性7:女性3くらいでしょうか。女性無料のアプリほど男性会員は多くなる傾向があるようです。

出典:loveratory.net

ということは、女性は有料の婚活サイトを使ったほうがいいのかもしれませんね。

料金は男性の場合、月々3,000~5,000円程度で利用できます。婚活パーティーや相席居酒屋が1回5,000円、結婚相談所は毎月1万円、入会金で3万円~かかりますので、それらに比べると一番安いですね。

パーティーに1回5000円を支払って、いい相手が見つかればいいのですが、なかなかうまくいかない男性のほうが多いでしょう。また、休みの日にわざわざ会場に出向くのもめんどくさいし、疲れますからね。それなら、手軽で安いアプリのほうがいいって思っちゃいますよね。1か月使ってみて収穫ないならやめればいいだけですから。

女性の場合、無料で利用できるアプリも多いのですが、やはりネットでの出会いに抵抗ある方も多いのでしょう。

「既婚者の男性だったら…」

「何か事件に発展したら」

「ストーカーになったら…」

と考えると心配になってしまいますからね。

その点、男性の場合はそこまで気にせず使う方が多いのでしょう。

女性の場合、そういったことを気にしない方は3~4つのアプリを同時に使っている方もいるようです。出会いのチャンスが増えますからね。

「相手を見極める能力」「断る時は、きちんと断る」「自分で責任をもって対処する」これらの対応がきちんとできればネット婚活はコスパの高い出会い方でしょう。

欧米では、ネットでの出会いもはや当たり前のように使っているそうなので、利用経験のない方は一度使ってみるといいかもしれませんね。

【関連記事】「婚活サイト・アプリで結婚できるの?」実際に20個以上使ってみた男の意見

その他の出会い

その他の男女の出会いはどんなものがあるのか。

・合コン

・紹介

・習い事

・サークル

・勉強会

などでしょうか。

ジムに通ったり、習い事をはじめたり、社会人サークル、勉強会への参加を婚活に含めるかどうかは置いておきますが、所属するコミュニティによっては男女比が偏っているケースもあるでしょう。

例えば、ヨガや料理教室なら女性のほうが多いでしょうし、ビジネス関係の勉強会やバイクツーリングの会だと男性ばかりになります。

フットサルや登山、カメラなどのコミュニティでしたら男女比はそこまで偏らないかと思います。

結婚に繋がるかどうかはご縁によりますが、人生をより楽しむために好きなサークルに所属してみるのもいいかもしれませんね。特に婚活疲れでまいっている方や、「友達がいない、少ない」とお悩みの方は婚活ばかりに気を取られないで、こういった「趣味活・友活」をするといいでしょう。

最近は合コンを開く若者も少なくなってきているようです。若い人に「合コンしないの?」と聞くと、「何ですか、それ?」と言われた時もあります。先ほど紹介した相席居酒屋があるので、必要ないのかもしれませんし、時代は変わってきているんでしょうね。

併せて読みたい

「婚活サイト・アプリで結婚できるの?」実際に20個以上使ってみた男の意見

オススメの婚活パーティー11選!安心して参加できるパーティーランキング

おわりに

いかがでしたか?

今回は、婚活市場の男女比率についてお話させていただきました。

全体的には男女比は半々ぐらいではないかと思います。

ただ、気軽にはじめることのできるネット婚活は男性が多く、真剣度の高い結婚相談所になると女性が多い、という傾向ですね。やはり真剣度が上がり、支払う料金も高くなるにつれて女性の比率が高くなるのでしょう

結婚への焦りを考えると「女性は遊んでいる場合じゃない」、「真剣に結婚を考えられるパートナーと出会いたい」と思い、逆に男性は「まずは1年つきあってから考えたい」という方が多いのかもしれませんね。

どの婚活を選択するかで今後の人生が変わってきます。一概に異性の比率が多い婚活がいいとは言えませんが、自分にあった方法を選び、後悔ないようにがんばりましょう。

2018年度版!オススメのネット婚活TOP3

「結婚前提で交際できる女性と出会いたい!」 「真面目に婚活をしてる男性と会いたい!」 そう思うあなたのために、20個以上のマッチングサイトを使ってきた私が優良婚活サイトを徹底的に分析し、順位づけしました。
  1. ユーブライド

    会員数150万人を突破した、mixiグループ運営の婚活サイト。 アプリ版・サイト版があり使い勝手も良く、気に入った相手にだけ写真を公開できる機能もあります。プロフィール項目はかなり細かく記載できるので、男女共に真剣度は高いです。 女性は無料プランでも十分活動できます。サクラゼロ宣言もしているので、初心者でも安心。試しに登録してみるだけでも、一歩前進になりますよ。

    無料登録はこちら(R-18)

  2. with(ウィズ)

    20代に人気のアプリwith。会員の7割は20代ですが、結婚願望の強い真面目な男女が多いと評判です。 withの強みは、マッチングイベントが多く、出会いのきっかけを作りやすいこと。 メンタリストDaiGo監修の性格診断テストや心理テストの結果をもとに、多くの異性と無料でマッチングできますし、女性の場合は完全無料で使えます。 会員数もグングン増え、勢いに乗っている今がチャンスですよ。

    公式サイトはこちら

  3. ゼクシィ縁結び
    ゼクシィ縁結び

    リクルートグループが運営するゼクシィ縁結び。 婚活サイトの中では若めの20代からアラサー会員中心です。 価値観診断やデートセッティング代行サービス、有料会員のみ顔写真を公開することができる機能など、真剣に婚活できる仕組みが整っています。 試しに無料登録をして、どんな異性がいるか一度チェックしてみるといいでしょう。

    公式サイトはこちら

(関連記事)

異性の趣味友、飲み友を作りたい方にオススメのマッチングアプリ7選

婚活パーティーへ15回参加し、無事結婚!アラサー男性の婚活体験談

徹底比較!婚活パーティーとマッチングアプリ、どっちが結婚できる?

この記事のタイトルとURLをコピーする



Sponsord Links

\ SNSでシェアしよう! /

婚活レボリューションの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

婚活レボリューションの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ATSUSHI

ATSUSHI

婚活・恋活を研究するアラサーの独身男女中心の編集部 編集長ATSUSHIは恋愛・婚活書籍を100冊以上読破 婚活パーティーに50回以上参加 これまでに100万円以上もの費用を婚活に費やす。あなたが同じ過ちを犯さないよう、婚活に関するすべてを公開するためにHPを立ち上げる!

関連記事

  • 【男性向け】婚活女性の愚痴から学ぶ~男の婚活戦略 3選~

  • 専業主婦に憧れる婚活中の独身女性へ!ちゃんとリスクを理解してる?

  • 【秋葉原のAKB48カフェ】非オタク男子が初めて行ってきた体験談

  • 非正規雇用(契約・派遣社員、フリーター)の女性は婚活では不利になる?

  • 婚活アラサー男子が東京タラレバ娘を全巻一気に読んでみた感想

  • 「出会いがない」は言い訳?婚活男女必見の出会い方 30種類以上