1. TOP
  2. 婚活ブログ
  3. 婚活に疲れた方必見!無理して結婚しなくてもいい7つの理由とは?

婚活に疲れた方必見!無理して結婚しなくてもいい7つの理由とは?

 2017/07/10 婚活ブログ
この記事は約 10 分で読めます。

「早く結婚したいのに、婚活してもなかなかいい人とマッチングしない…。」

「30才までには結婚している予定だったのに、このままじゃずっと独り身なのかなぁ…。」

もしかしたら、そうお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。婚活や仕事などを含め、人生に疲れきってしまい、もしかしたらうつ病っぽい症状をお持ちの方もいるかもしれませんね。

ですが、ご安心ください。そもそも、婚活という活動はがんばっていてもなかなか結果は出ないものなのです。

大手結婚相談所の成婚率は経産省調べでも10%前後だとも言われており、婚活パーティーや街コンだともっと低く、成婚率は数%との話もある中、妥協するならまだしも理想のパートナーや大好きな異性を見つけたいとなると、難易度は上がりますし、成婚率は本当に低い確率になってしまうでしょう。

ですので、婚活というものは多くの方にとってものすごくハードルの高い、難易度の高い活動なんです。

はじめはモチベーションを上げてがんばってたものの、結果が出ないどころかショックを受けたり、傷つくことも多い活動なので、疲れてしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、婚活に疲れてしまい途方に暮れている方のために、「無理して結婚しなくてもいい7つの理由」についてお話させていただきます。

結婚しなくたって、幸せになれますし、おひとり様でも幸せな人はたくさんいるのです。「結婚=幸せ」、「未婚=売れ残り=不幸」と考えている方はぜひ参考にしてみてください。

逆に無理して結婚すると不幸になる?

喧嘩の絶えない夫婦

今の日本では、3組に1組以上が離婚をしているとよく聞きますね。

これが欧米になると半数以上の夫婦が離婚している国も少なくありません。ベルギーやスペインだと離婚率が70%を超えるというデータもあります。

仮面夫婦、熟年離婚、セックスレス問題、浮気、不倫、DV、養育費などなど、挙げればキリがないほどこの手の男女関係の問題や悩みはあるでしょう。結婚して幸せな夫婦のほうがレアなのではないでしょうか?

婚活をしていると、視野が狭くなり「結婚がゴール」となってしまう方も多いかもしれませんが、もっと大きな視点で物事を考えてみてはいかがでしょうか?

確かに婚期というものはありますし、妊娠・出産のタイムリミットなどを考えると焦ってしまう女性も多いかもしれません。

ですが、結婚にとらわれすぎてしまい、自分の人生を台無しにしてしまってはいけません。「木を見て、森を見ず」ではいけないのです。

今後おひとり様が増えていくので安心?

おひとり様の時代がやってくる

様々なデータを見てみると、今後生涯未婚率はどんどん上がっていくそうです。離婚率は先ほど述べたとおりですし、仮に結婚できたとしてもいつかは一人身に戻ってしまう可能性は大いにあるのです。

ある大学の教授の話によると、「2人に1人は1度も結婚しないか、結婚しても離婚をして独り身になってしまうのが現代だ」との見解もあります。

また、女性より男性のほうが先に亡くなるケースも多いので、いつかは一人身になってしまう女性のほうが多いでしょう。

少子高齢化がどんどん進んでいる日本の今の現状だと、若者の負担もますます増えていくと思います。

戦後、高度経済成長で豊かになった日本ではありますが、バブルがはじけるまでは一億総中流、終身雇用・年功序列がうまく機能し、多くの男女が結婚していたのですが、バブル崩壊後からすでに30年が経っているのです。

昔は結婚をして、家族を作るのが当たり前だったのかもしれませんが、これからは一人身が当たり前の日本になっていくでしょう。

ですので、一人身だからといって恥ずかしいことではないのです。まわりの目を気にせずに、堂々と生きていきましょう。

様々な便利なサービスが登場している

スマホで便利なアプリを探す女性

昔に比べれば、今の日本は一人身で生きていくのにすごく便利な世の中になりました。

携帯電話は一人一台は持っているでしょうし、インターネットで多くの情報を瞬時に取り入れることが可能な世の中になりました。

とあるネットに書いてあった記事によると、「現代人が一日に触れる情報の量は、平安時代だと一生分、江戸時代だと1年分」とも言われているようです。情報過多と言えばそうなのかもしれませんが、うまく利用すれば便利で快適な毎日を送ることも可能だと思います。

そして、キャリアの携帯料金が高いと言われていますが、昔のように電話をすれば青天井で通話代がかからないようカケ放題プランもありますし、LINEやスカイプなどを使えば無料で通話もテレビ電話もできますし、海外にいる方とも簡単に連絡できてしまいます。

そして、24時間オープンしているコンビニやスーパーもたくさんありますし、インターネット通販も購入後すぐに届けてもらえます。

最近の家事代行サービスは、洗濯・掃除・料理はもちろんのこと、ワイシャツなどのアイロンがけ、靴磨き、ボタンの縫付などの細かいことまでプロの業者さんが代行してくれるところもあります。

また、国内も海外旅行も昔に比べればとても安くなりましたし、ホテルの予約も簡単にできますよね。老後に物価の安い国に移住する日本人も増えてきているそうです。

これからもどんどん新しいサービスが登場し、今よりももっとおひとり様でも何不自由なく暮らせる世の中になるかもしれません。

独り身のほうが気楽、身軽、低リスク?

独り身のほうが身軽で気楽な男性

結婚するとなると、やはりパートナーとは死ぬまでともに寄り添っていくことが前提となるでしょう。

仮に30才で結婚するとなると、人生100年時代の今ですと、70年間という長い時間を共に過ごすことになります。80才で亡くなるとしても、50年間一緒に暮らしていくことになりますね。

10年後くらいまでなら、どんな未来になるのか想像ができるかもしれませんが、さすがに20年、30年後となるとイメージしづらいでしょう。

今は大手企業も巨額の損失を出し、倒産してしまう時代です。また、ロボットやAIの進化により、今までは必要だった仕事がなくなってしまうケースもたくさん出てくると言われています。

そういったことを考えると、無理に結婚をして窮屈な生活をするよりは、一人身で身軽、気楽な人生を歩んだほうが幸せだと思う方も多いかもしれません。

特に男性の場合は、結婚にメリットを見いだせないと考えている方もいらっしゃるでしょう。デメリットのほうが多い結婚をわざわざすることもないのです。また、男性並みに稼ぎ、自立している女性の中にもそう思う方も多いかもしれませんね。

また、性格はひとそれぞれ違いますから、結婚が合わない人もいるでしょう。ですので、無理に結婚する必要は全くないのです。「逆に考えると、みな結婚していた時代のほうがおかしかったのでは?」という意見もあるほどです。

ストレスをため込み、自由もお金もない結婚生活が何十年と続くくらいなら、一人で自由を謳歌したほうが幸せなのかもしれませんね。

異性のパートナー以外にも目を向けよう

ペットに愛情を注ぐのも幸せ

婚活をしていると、たくさんの異性と出会うことになりますが、結婚をし、家庭を持つことだけが人生ではありません。

先ほども述べましたが、結婚だけにとらわれてしまうと、あなたの人生を大きく狂わせてしまう可能性もあります。

異性のパートナー以外にも大事なものってたくさんありますよね。

仕事もそうでしょうし、友人、両親、兄弟、職場や趣味の仲間などの人間関係も大切なことです。

人間関係以外にも、犬や猫などのペットに愛情を注いでもいいでしょうし、ボランティア活動を頑張ってみるなどもいいかもしれませんね。

結婚をしても、たくさんの夫婦が離婚したり、喧嘩したりするのですから、もう「いい人がいたら結婚すればいいし、いなければ一人身の人生を楽しもう」くらいのほうが気楽でいいかもしれませんね。

時代は変化しているのだ!21世紀のライフスタイル

変化の速い今の時代のライフスタイル

今も時代は変化していますし、昔に比べるとその変化の速さもどんどん早くなっています。

恐竜が絶滅した原因も、「時代の変化に対応できなかったから」といった説もあるように、人間も時代の変化に対応していかなければいけないのです。

昔の価値観に縛られていたり、周りの目線を気にしすぎていては、不幸になってしまうケースもあるのです。

昔は結婚をして、子を作り、家族で暮らしていくのが当たり前で、それが幸せの象徴だったのかもしれませんが、これからの時代は一人身で自分のやりたいことをするのが本当の幸せになっていくのかもしれません。

景気が悪いとは言え、先進国の日本なのですから、ご飯が食べられなくなり、餓死するかもしれないといった心配をする人はあまりいないでしょう。

別に日本にこだわる必要はありません。行きたい国に行ってみたり、気に入ったら長期間住んでみたり、可能なら移住したりする人生もできる時代なんです。

時代は変化しているのです。あなたのライフスタイルも一度見直してみてはいかがでしょうか?

思わず笑ってしまう結婚名言集

偉人による結婚名言集

最後に、思わず笑ってしまう結婚に関する偉人による名言やことわざをお届けしたいと思います。

『ずいぶん敵を持ったけど、 妻よ、お前のようなやつははじめてだ。』

[ジョージ・ゴードン・バイロン] (18~19世紀 イギリスの詩人)

 

『ウェディングケーキはこの世で最も危険な食べ物である。』

[アメリカの諺]

 

『人は無我夢中に急いで結婚するから一生悔いることになる。』

[モリエール] (17世紀 フランスの俳優、劇作家)

 

『恋は人を盲目にするが、結婚は視力を戻してくれる。』

[リヒテンベルグ] (18世紀 ドイツの科学者、風刺家)

 

『結婚する時、私は女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。 今考えると、あの時食べておけばよかった。』

[アーサー・ゴッドフリー] (20世紀 米国のラジオキャスターTVホスト,歌手,ウクレレ奏者,俳優)

 

『結婚をしばしば宝くじに例えるが、それは誤りだ。 宝くじなら当たることもあるのだから。』

[バーナード・ショー] (19~20世紀 英国が誇るノーベル文学賞受賞の劇作家)

 

『「男が家から一歩出ると7人の敵がいる」と言うがそれは嘘だ。本当の敵は家の中にいる。』

[藤岡藤巻] (『ポニョ』主題歌も有名な日本の音楽ユニット)

まとめ

婚活マン

いかがでしたか?

今回は、「結婚をしなくても決して不幸ではない7つの理由」についてお話させていただきました。

もちろん、素敵なパートナーが見つかればそれにこしたことはありませんが、なかなかそんなラッキーなことは現実では起こらないものです。特に婚活では好きな異性や条件のいい方を見つけるのは非常に困難な作業となっています。

映画、ドラマ、漫画、小説などを見ていると、大人になればいつか結婚して、子を作り、家族を持つということが当たり前のように刷り込まれていきます。ですが、一人身で幸せな人はたくさんいるでしょうし、結婚しても不幸になる人もたくさんいます。

「結婚=幸せ、勝ち組」、「未婚=不幸、負け組、売れ残り」なんかでは決してないのです。

もしかしたら今の時代、「結婚=オワコン」なのかもしれません。とある有名な経営者さんも「今の時代、結婚というビジネスモデルはもう古い。私は結婚をしていますが、今の時代だったら結婚していないでしょう。」と言っていました。

婚活をがんばっているのになかなか結果がでず、疲れている方は、結婚しても、結婚しなくても幸せになれるよう、ぜひ自分の人生計画を一度見直してみてはいかがでしょうか?

2018年度版!オススメのネット婚活TOP3

「結婚前提で交際できる女性と出会いたい!」 「真面目に婚活をしてる男性と会いたい!」 そう思うあなたのために、20個以上のマッチングサイトを使ってきた私が優良婚活サイトを徹底的に分析し、順位づけしました。
  1. ユーブライド

    会員数150万人を突破した、mixiグループ運営の婚活サイト。 アプリ版・サイト版があり使い勝手も良く、気に入った相手にだけ写真を公開できる機能もあります。プロフィール項目はかなり細かく記載できるので、男女共に真剣度は高いです。 女性は無料プランでも十分活動できます。サクラゼロ宣言もしているので、初心者でも安心。試しに登録してみるだけでも、一歩前進になりますよ。

    無料登録はこちら(R-18)

  2. with(ウィズ)

    20代に人気のアプリwith。会員の7割は20代ですが、結婚願望の強い真面目な男女が多いと評判です。 withの強みは、マッチングイベントが多く、出会いのきっかけを作りやすいこと。 メンタリストDaiGo監修の性格診断テストや心理テストの結果をもとに、多くの異性と無料でマッチングできますし、女性の場合は完全無料で使えます。 会員数もグングン増え、勢いに乗っている今がチャンスですよ。

    公式サイトはこちら

  3. ゼクシィ縁結び
    ゼクシィ縁結び

    リクルートグループが運営するゼクシィ縁結び。 婚活サイトの中では若めの20代からアラサー会員中心です。 価値観診断やデートセッティング代行サービス、有料会員のみ顔写真を公開することができる機能など、真剣に婚活できる仕組みが整っています。 試しに無料登録をして、どんな異性がいるか一度チェックしてみるといいでしょう。

    公式サイトはこちら

(関連記事)

 婚活パーティーに50回以上行った男が全てを暴露!服装・立ち回りについて

・「結婚相談所はどこに入会すればいいの?」詳しく解説してみました!

オススメの婚活パーティー|エクシオ・シャンクレール・ホワイトキーなら?

婚活サイトで結婚できるの?実際に体験した男性側からの意見

この記事のタイトルとURLをコピーする



Sponsord Links

\ SNSでシェアしよう! /

婚活レボリューションの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

婚活レボリューションの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ATSUSHI

ATSUSHI

婚活・恋活を研究するアラサーの独身男女中心の編集部 編集長ATSUSHIは恋愛・婚活書籍を100冊以上読破 婚活パーティーに50回以上参加 これまでに100万円以上もの費用を婚活に費やす。あなたが同じ過ちを犯さないよう、婚活に関するすべてを公開するためにHPを立ち上げる!

関連記事

  • 風俗嬢にもなれない「最貧困女子」問題とは?絶望的な女性の未来…

  • 【お悩み相談】婚活で知り合った男性とHしてもいいの?夜の相性も大事?

  • 独身男女必見?日本、韓国、台湾の婚活事情の違いを比較してみた!

  • 32歳男性(大学病院勤務の医師)結婚相談所ツヴァイでの体験談

  • 専業主婦に憧れる婚活中の独身女性へ!ちゃんとリスクを理解してる?

  • 東京 六本木にある婚活シングルズ・バーGREENで出会えるのか?