1. TOP
  2. 婚活ブログ
  3. アラサー独身男性必見!婚活をすれば素敵な女性と結婚できるのか?

アラサー独身男性必見!婚活をすれば素敵な女性と結婚できるのか?

 2017/02/16 婚活ブログ
この記事は約 12 分で読めます。

「結局、どうすれば素敵な女性と結婚できるの?」

突き詰めて考えれば、婚活男性が聞きたいことってこの一言ではないかと思う。さらに言ってしまうと、この「素敵な女性」というのも、「同年代以下の、美人で、優しくて、話・趣味の合う女性」ってことになるだろう。

そこで、今回はアラサー男性向けに、「婚活をして1年以内に結婚する方法(なるべく最短で効率がよく、コスパ重視の方法」)について考えてみようと思う。

男を4つのタイプに分類すると…

男性の結婚適齢期

婚活において、女性が望む男性の条件として挙げられるのが、

イケメン、高身長、高学歴、高年収、安定性、スポーツ万能、話し上手…

などであり、結局これらの条件をいくつ満たしているか、になるだろう。

婚活パーティーや街コンの企画などを見ていても、こういった男性がさもたくさん来るかのような企画であふれている。

3高の男性がモテるとは昔から言われているだ、こんなのはいつの時代も変わらないのだ。

では、ここでどんな男性のタイプを4つに分けて考えてみよう。

1、モテてきた男(クラスのTOP5、バレンタインチョコをたくさんもらった経験がある)…上位3~5

2、人並みに恋愛してきた ややモテ (恋愛経験3~5人ほど、年齢を7で割ったくらい?)…上位20

3、恋愛経験あり(少数1~3人) (やや奥手、やや草食系)…中の上くらい?

4、恋愛経験なし&DT (奥手、コミュ障)…並以下

まぁ、こんなところになるだろう。

で、このタイプごとに戦略・戦術は異なってくるので、「こうすればいい」というのは一言でいうのは難しい。

ただ、多くの男性に共通していることもあると思うので、そのあたりについてお話していこうと思う。

間違い・勘違いを正せ

まず、当たり前だが婚活でも恋愛でも高望み、選り好みをしすぎると彼女もできないし、結婚もできない。一言で言うならば、高望み・選り好みをすると難易度が跳ね上がるということだ。

「いつかいい人が現れたら結婚しよう」では、いつまで経っても結婚できないということにもつながる。

「いい人」とか「素敵な人」という表現は、なかなか難しい。人によっていい人、素敵な人の程度が違ってくる。

なので、まずは「自分と釣り合った相手」「いい人」「素敵な人」「好きな人」の違いを明確にしよう。

自分に合わない婚活をしていると、やはり効率が悪く、お金と時間を無駄にしてしまう。

やはり結婚相談所に入会するのが一番?

男も早めに結婚相談所へ入会しよう

一番手っ取り早いのは、結婚相談所へ入会することである。なぜなら、今の結婚相談所の男女比率は、男3:女7と言われているからだ。

釣りに例えてみれば分かりやすいだろう。飢えた魚が大量にいる釣り堀と、すれた魚が数匹しかいない釣り堀では当たり前だが前者のほうが釣りやすい。

下記は結婚相談所のIBJの男女比率の図だ。

IBJの男女比率

出典:ibjapan.com

これが婚活アプリになると男6:女4になるようだ。やはり気軽に入会できる婚活サイト・アプリと、敷居が高い結婚相談所ではこれだけの差が出てきてしまう。

さらに言ってしまえば、男性にも女性にも好みや希望条件などもあるので、一部の男性・女性に人気が集中してしまう。釣りで例えるなら、いい餌にしか食いつかない男性・女性が多いということだ。

これは婚活パーティーに行けば体感できると思う。後半のフリータイムになると、一部のかわいい女性には男が列をなすのだが、人気のない女性は一人ぼっちの状態が続く。

また、婚活アプリを見ていても、かわいくて若い女性には「いいね」がたくさんついているのだが、そうではない女性はやはり少ない。

そう、婚活の世界は弱肉強食の世界なのだ。オスはメスを取り合い戦う。強いオスが人気のメスを奪っていく。負けたものは一人さみしく生きていく、もしくは条件を下げて妥協した相手と結婚をしなければならないのだ。

しかし、結婚相談所に関していうと、ある程度こういった醜い争いにならないようには配慮されていると思う。

まずアドバイザーが間に入り、男女の仲を取りもってくれる。例えば、デートの日程や場所をセッティングしてくれたり、合わなかった場合はお断りの連絡もしてくれる。そして、自分に合った異性の提案もしてくれるだろう。

結婚相談所では、平均で20人の相手とお見合いをすれば結婚ができているというデータもある。

ならば、婚活パーティーや婚活アプリなど、効率が悪く無駄な活動にお金と時間を費やす可能性が高いことに労力を使うのならば、さっさと結婚相談所に入会して、お見合いの申し込みを100人にして、20人と会ってしまえばいいのだ。

もちろん、それでも結婚できない方はいるかもしれないのだが、アドバイザーからのアドバイスだったり、自分のレベルなどについて何かしら得られるものはあるだろう。

もしも結婚相談所に入会をするのならば、年齢の基準としては、30歳前後くらいがいいのではないかと思う。女性の場合は、20代のうちに入会することをオススメするが、やはり男性は20代のうちは仕事をがんばっておくべきだろう。

あなたの希望を結婚相談所のアドバイザーに伝えて、辛口のコメントをいただこう。「高望みしてるのか?身の丈に合っていないのか?」はっきり言ってもらったほうがあなたのためになるだろう。

なぜ婚活パーティーや婚活サイトは効率悪いのか?

婚活パーティーや婚活サイトは効率悪い?

私も痛い目にたくさんあってきたからわかるのだが、はっきり言って自力で相手を見つけるセルフ婚活(婚活パーティー、街コン、婚活サイト・アプリなど)で見つけるのは至難の業だろう。

もちろん、「お見合いはイヤだ!絶対に恋愛結婚がしたい!好きな女性と結婚したい!」というのならそれらの婚活でもいいだろう。だが、成婚率を見てみると分かると思うのだが、結婚相談所は成婚率1~2割程度なのに対し、セルフ婚活は3%ないとも言われている。

■婚活でキーとなる成婚率について

私もそれらのセルフ婚活で何人かの女性と交際にまで発展したし、結婚を考えた女性もいたのだが結局結婚には至らなかった。

そして、オススメできない理由の1番に挙げられることなのだが、「かなりのショックを受ける、傷つくこと」からだ。

まず、突然の音信不通は当たり前で、時にはLINEでブロックされることもある。何度かデートをして、交際することになり、体の関係を持った子まで、突然の音信不通になることもあった。

また、同時進行やキープしている女性もけっこういるようだ。

婚活パーティーで知り合った子と後日会うと、「実は彼氏がいて。」などと言われたこともある。本当かどうかはわからないし、断りなのかもしれないが、お金を払って参加して、デート代も払っている男側からすると、もう意味が分からない。

そして、上から目線で傷つくことを平気でいう女性もけっこういる。

まぁ、こんなことを挙げだしたらキリがないのだが、昔はかなり遊んでいたほうの自分でさえこうなのだから、恋愛初心者にとっては本当に苦痛でしかないだろう。

こういったことから、婚活パーティーや街コン、婚活サイト・アプリなどで活動するよりも、結婚相談所に入会したほうが効率はいいだろうと考えている。もちろん、結婚相談所もパーフェクトではない。成婚率は1~2割しかないということを考えると、「マシ」というレベルなのだ。

それでもいきなり結婚相談所に入会するのは敷居が高いと思う。入会金や毎月の支払いもそれなりにあるし、収入証明書、独身証明書、卒業証書などを揃えて提出しなければならない。また、結婚相談所もたくさんあるので、どこを選んだらいいのか分からないなどもあるだろう。

なので、とりあえず婚活がどんなものか、様子見で参加してみるといった意味では、婚活パーティーや街コン、婚活サイトを利用してみるのはいいと思う。ただし気をつけなければならないのは、それらにどっぷりとハマってしまうことだ。時間とお金、労力を費やしても先ほどの成婚率から考えるとなかなか結果に結びつかないことのほうが多いだろう。なので、期間や回数を設定し、ダラダラと続けないようにすることが大事なポイントだと思う。

婚活男性がやるべきこと

婚活男性がやるべきこと

では、これから婚活男性がやるべきことについてお話していこうと思う。

まず、するべきことを、「簡単にでき、効果が得られやすい順」に説明しよう。

1、ルックス、身だしなみを整える

・「服装」 最低でも3パターンは揃えておこう。できれば5パターンあるといい。

・「髪型」 できれば黒髪・短髪が無難でいい。あまり奇抜な髪型は婚活では女性ウケは悪いので、無難なビジネススタイルにしておいたほうがいいだろう。

「匂い」 こまめに体を洗ったり、デートの時はクリーニングに出した後のきれいな服を着よう。

「ダイエット」 これは日々の心がけ、ジムに通ったり、ランニングをしたり、お酒を控えたり、夜食をしないなどカロリー制限をすること。努力が必要だということだ。

2、コミュニケーション能力を上げる

コミュニケーション能力はすぐには身につかないものではある。これはある程度経験を積んでいかないと上達もしないものだと個人的には思う。

ただ、何もやらないよりは少しでも上手に話せるよういくつかのパターンを持っておくといい。

これらについては、専門の本を読んだり、DVDを見たり、セミナーに参加するのもアリかもしれない。

3、デートコースを調べておく

自分の住まい、職場の間でオシャレな和食ダイニングバーやイタリアンレストランを10個ほど押さえておこう。

けっこう女性もこういったところをしっかりチェックしている。ダサいお店に連れて行くとそれだけでアウトになってしまうこともある。ただ、こういったお店選びもネット情報だけでは当たり外れがある。なので、当日調べたお店で行くと失敗することも多々ある。

まずは行きつけの雰囲気のいいお店は5店舗くらい用意しておこう。そうすることによって心に余裕もできる。

また季節ごとのイベント、デートコースを抑えておくといいかもしれない。

4、まずは婚活の下調べ 自分の現状を把握しよう

パーティーや街コンに参加してみる

先ほども述べたのだが、経験のない方は一度婚活パーティーや街コンに参加してみるといい。婚活というのがどういったものなのか、イメージだけなのと、一回経験したことがあるのとでは全然違う。

婚活サイト・アプリに登録してみる

また、婚活サイトは暇な時間があったら登録してみるのもいいと思う。婚活パーティーや街コンよりも気軽にはじめることができて、どんな異性がいるのかもすぐに知ることができる。ただ、何サイトも登録してしまうと、お金もかかってしまうし、訳が分からなくなる可能性もあるので、まずは1つやってみるといいだろう。

結婚相談所の資料請求をしておく

結婚相談所もたくさんあるので、どこに入会していいのか分からなくなると思う。ただ、結婚相談所に関しては値段も高いし、いくつもの相談所を渡り歩くことがないようになるべく念入りに調べておいたほうがいいだろう。

簡単に説明すると。データマッチング型(インターネットで相手を探す)よりも仲介型(昔ながらのお見合い)のほうが値段ははるが、成婚率は高いと聞く。数十万円のお金はかかってしまうのだが、未来への投資だと思ってエイヤーと払ってしまう勢いも大事だろう。

最後は決断力

結婚の決め手は決断力

今の婚活の現状は、結婚できる確率・いい人と出会える確率は、女性に比べれば男性は高いと思う。ただ、大手の結婚相談所の成婚率は10%ないというデータもある。これは経済産業省が発表したことなので信憑性は高いだろう。

成婚率 経産省のデータ

出典:http://warp.ndl.go.jp

また、下記は三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデータである。こちらによると、成婚率は20%ちょっとあるという。

三菱成婚率UFJリサーチ調べ

出典:http://www.service-js.jp

どちらのデータにせよ、成婚率は高くはないということはお分かりいただけると思う。ただ、この成婚率も人によって変わってくるだろう。

30代のイケメン医師ならば、多くの女性からアプローチが来て、選ぶ側にまわることはできるだろう。逆に、低年収のさえないサラリーマンであったならば、あまり女性からのアプローチは期待できない。これは女性も同じことだろう。

そして、前にも述べたが、高望み・選り好みをしていたら、難易度は上がり、これらの成婚率も下げる要因になるだろう。結婚相談所にも問題があるのしれないが、婚活をしている参加者にもやはり問題があるのだ。

一人身で生きていくという選択肢もある

男性は一人でも生きていける?

最後にお伝えしておきたいのが、結婚がすべてではないということである。一度婚活の世界に足を踏み入れてしまうと、なんとか結果を出そうと試行錯誤を繰り返してしまう方もけっこういると思うが、頑張っても結果が出ないことは多々あるので注意が必要だ。時には精神的に参ってしまい、うつ病になってしまうケースもあるそう。

そんなときは、少し立ち止まって考えてみてほしい。今は結婚しても、離婚する夫婦は3組に1組以上いるのだ。離婚は結婚の10倍以上も労力がかかるらしい。今は素晴らしい女性だと思っている相手がいても、将来、結婚した後に変わってしまうかもしれないし、ずっと幸せに暮らせていけるほうが少ないだろう。

なので、一人身で生きていくという選択もあることを忘れないでいてほしい。結婚をして、子供を育て、家族を作っていくということが決して幸せだとは限らないということだ。今は、便利な電化製品もたくさんあるし、コンビニやスーパーも24時間やっているし、通販やデリバリーもあるので一人で生きていく分にはそこまで不自由しなくなってきている。

必ずしも結婚しなければいけないというわけではないので、生き急がずに、自分のペースで婚活をしていくといいかもしれない。

まとめ

婚活マン

いかがでしたか?

まぁ、男からすると今の時代は無理して結婚する必要はないかもしれない。

「本当にいい女性が現れるまで結婚はいいや。」

「結婚しても結局三組に一組は離婚してるんだし、どーせ幸せになんてなれないよ。」

と冷め切っている男性諸君も多いだろう。

2ちゃんねるの独身貴族掲示板などをみると、そういったコメントであふれかえっている。

もちろん、私もそれらの意見は否定はしない。人それぞれ価値観があるわけで、生き方に多様性があってもいいと思う。

ただ、40代に突入してから結婚に焦りだしている男性もけっこう多いようだ。

「もっと若いうちに気づいておけば、、」

と後悔している男性も少なからずはいるだろう。

なので、後々のことを考えて後悔しない選択をしていただければと思う。

2018年度版!オススメのネット婚活TOP3

「結婚前提で交際できる女性と出会いたい!」 「真面目に婚活をしてる男性と会いたい!」 そう思うあなたのために、20個以上のマッチングサイトを使ってきた私が優良婚活サイトを徹底的に分析し、順位づけしました。
  1. ユーブライド

    会員数150万人を突破した、mixiグループ運営の婚活サイト。 アプリ版・サイト版があり使い勝手も良く、気に入った相手にだけ写真を公開できる機能もあります。プロフィール項目はかなり細かく記載できるので、男女共に真剣度は高いです。 女性は無料プランでも十分活動できます。サクラゼロ宣言もしているので、初心者でも安心して使えるでしょう。(R-18)

    公式サイトはこちら

  2. ゼクシィ縁結び
    ゼクシィ縁結び

    リクルートグループが運営するゼクシィ縁結び。 婚活サイトの中では若めの20代からアラサー会員中心です。 価値観診断やデートセッティング代行サービス、有料会員のみ顔写真を公開することができる機能など、真剣に婚活できる仕組みが整っています。 試しに無料登録をして、どんな異性がいるか一度チェックしてみるといいでしょう。

    公式サイトはこちら

  3. with(ウィズ)

    20代に人気のアプリwith。会員の7割は20代ですが、結婚願望の強い真面目な男女が多いと評判です。 withの強みは、マッチングイベントが多く、出会いのきっかけを作りやすいこと。 メンタリストDaiGo監修の性格診断テストや心理テストの結果をもとに、多くの異性と無料でマッチングできますし、女性の場合は完全無料で使えます。 会員数もグングン増え、勢いに乗っている今がチャンスですよ。

    公式サイトはこちら

(関連記事)

婚活をスタートする年齢と活動期間を決めよう

結婚相談所はどこに入会すればいいのか?詳しく解説してみました!

婚活サイトで結婚できるの?実際に体験した男性側からの意見

番外編 婚活応援酒場 相席屋ってどうなの?実際に行ってみた体験談

この記事のタイトルとURLをコピーする


Sponsord Links

\ SNSでシェアしよう! /

婚活レボリューションの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

婚活レボリューションの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ATSUSHI

ATSUSHI

婚活・恋活を研究するアラサーの独身男女中心の編集部 編集長ATSUSHIは恋愛・婚活書籍を100冊以上読破 婚活パーティーに50回以上参加 これまでに100万円以上もの費用を婚活に費やす。あなたが同じ過ちを犯さないよう、婚活に関するすべてを公開するためにHPを立ち上げる!

関連記事

  • 【私って高望み?】自分の婚活偏差値・婚活ランクを知る方法

  • 婚活男子必見!3~4人に1人しかいないまともな女性は大事にしよう

  • 【恋愛に受け身な未婚女性】に男性からの的確なアドバイス!

  • 32歳男性(大学病院勤務の医師)結婚相談所ツヴァイでの体験談

  • 婚活女性必見!ハイブリッド型女性を目指すべき理由とは?

  • 秋葉原のアイドル喫茶!まぜる~むカフェに男一人で行ってみた体験談