1. TOP
  2. 婚活ブログ
  3. 婚活に疲れた時は、結婚を後悔している人の悩みを見るといい?

婚活に疲れた時は、結婚を後悔している人の悩みを見るといい?

 2017/02/09 婚活ブログ
この記事は約 7 分で読めます。

「婚活がうまくいかなくて、もう疲れた。」

「いい人と本当に巡り合えるのかしら。結婚できなそうで不安。」

そうお悩みの婚活男女も多いかもしれません。

今は大手結婚相談所の成婚率は1割を切る、男女比率は男3:女7の男性不足などネットで噂されていますからね。

また、格差社会はどんどん広がり、正社員と非正規の差は埋まらない。どんよりした事件ばかりで、いいニュースもあまり見ないですよね。期待できるのは東京オリンピック、スポーツくらい。一般庶民にとっていいニュースって本当に見ないですよね。

まぁ、だからといって、落ち込んだり、ネガティブに考えすぎてはいけません。

そこで、今日は結婚を夢見るあなたに、「結婚=幸せ」ではないという件、そしてこれからの時代を生き抜くための考え方についてお話させていただきます。

ぜひ参考にしてみてください。

結婚を後悔している人達

結婚を今回している男女

婚活をしていると、結婚がゴールと考えてしまいがちです。もちろん今の日本では、結婚をしないと子供や家族を持つことは難しいので、結婚は一つのゴールではあるでしょう。

ただ、気をつけなければならないのは、焦ってしまい相手選びを間違ってしまうこと、そして自分がまだ大人になり切れていない未熟な状態で結婚をしてしまうことなどです。

離婚は結婚の10倍大変だという話もよく聞きます。そこで今回はヤフー知恵袋のほうから、生々しい声をご紹介します。

旦那と離婚したいのですが、旦那とは日頃とても仲が良く9ヵ月になる娘もいます。別れたい理由は、セッ●スレスと旦那に対して生理的に無理になってしまいました。

私は23歳です。旦那は26歳。付き合い始めの頃は毎日の様にしていたのですが、結婚する少し前からぱったりなくなってしまいました。私は性欲が強い方で旦那が営みをしなくなってから何度も話し合いをしましたが一向にしてくれません。『したくないわけではない』『一緒に寝てるだけで満足だ』『仕事で疲れている』これがいつもの言い分です。私に魅力がないのかと悩み女磨きを頑張っても旦那の態度は何も変わりませんでした。

最近したのは3ヶ月前で、それもお願いをしてしぶしぶした感じです。その前は娘を作るためにしたのが最後で約1年のレスでした。あんまりにもしてくれなくなったせいで、旦那に触れることすら嫌になってしまいました。ふつうに会話する分にはいいですが、抱きつかれたり、娘にチューしてるのを見るのも嫌悪感が湧いてきます。もう旦那と行為をしたくないです。まだ24歳なのに、女を諦めたくありません。

性の不一致で離婚を申し立てようと思ってます。ですが、日頃仲が良く、私がここまで悩んでいるなど知らない旦那は毎日平和に暮らしいてます。ですが私はかなり情に弱い性格で、急に離婚などと口にしたら旦那がかわいそうぢゃないか?とか色んな悩みが湧いてきてなかなか踏み出せません。ですがもう我慢もしたくないです。こんな平和な日頃のなかでどう離婚を切り出せばいいでしょうか?もうこれから改善するからと言われたとしても、生理的に無理になってしまっているので元に戻る気はありません。ですが情が邪魔してしまい、毎日旦那と娘が遊んでいる姿を見たり旦那の私に対する気づかいや、優しさを感じると胸が張り裂けそうになります。

こんな優柔不断で最低な私はどうすればよいでしょうか? 引用:ヤフー知恵袋

離婚したいです。性格の不一致です。僕にはもともと浪費癖がありました。でも結婚してからちゃんとしなきゃと思って、自分からお小遣い制で月に5000円でいいと、言いました。付き合いの飲み代などは別です。

月に5000円のお小遣いは増やせないよという約束で家を建てました。僕の給料では背伸びした家です。でも浪費癖が再発してしまいました。勝手にお金をを使い込んでしまいました。妻は怒っています。もうこの家は僕の気の休まるところではありません。性格が合わないので離婚したいです。

離婚するには、まずどうすればいいですか?子供が1人いるので養育費はいくらくらいですか?手取りは25万円です。 引用:ヤフー知恵袋

離婚したい離婚したい離婚したい

旦那は絶対にサインしてくれません。仕事には行ってるけど生活費は家賃しか出してもらえません。それも毎月遅れて払ってます。小学校中学年の子供がいますが、転校が可哀想で踏ん切りがつきません。こんな親のもとへ生んでしまい、本当に良い子なのに申し訳ないです。可愛くて可愛くて仕方ないです。

旦那とまともな話し合いができません。子供の事、将来の事、両親の事、まじめに話し合いたいのに、「疲れてる、今メシ食ってんだよ!静かにしてくれねぇ?」朝少しでも話そうとすれば「忙しいんだよ!」朝も夜も話しを聞かない。自由に独身の頃のように遊びたいなら離婚届けだけサインしてくれれば、もう何も望みません。

ですが、離婚だけは絶対にしてもらえないんです。一度別居していた時期もあったので、今度出ていく時は曖昧なままではなく、きちんと離婚したいです。子供の転校は避けたい。でも旦那の地元でこの先暮らしたくない。会いたくもない。関わりたくないです。

転校での心の傷、どう償えますか?子供を幸せにしたいのに、この旦那とは幸せにできません。遊んで夜遅く帰ってくるくらいなら、二度と帰ってこなければいいと毎日思います。

旦那の両親も全く力になりません。旦那の両親も諦めていて、見て見ぬふりです。調停には出てこないし、裁判はお金かかるし。離婚できなくても、子供連れて出て行き、数年たてば離婚にもっていけますかね?生活費ももういりません、期待するだけがっかりするので。 引用:ヤフー知恵袋

と、三つほど紹介させていただきましたが、こんなのは氷山の一角です。ヤフー知恵袋や教えてGOOなどのQ&Aサイトで「離婚したい」などで検索してみてください。本当に生生しい悩み・相談がたくさんあります。

もしも今、あなたが結婚=幸せと思っているのでしたら、その洗脳が解けるかもしれません。

やはり相手選びを間違えると、困難な人生が待ち受けています。だからといって、パーフェクトなパートナーなんていないし、いい人を探して婚活してもそんな人と巡り合い、結ばれる確率など宝くじに当たるくらいなもんです。

ですので、相手選びを慎重しすることも大切なのですが、同時に自分磨きをきちんとし、大人にならなければいけません。子供が子供を産んでしまうと、子供も不幸に巻き込んでしまいます。

男性でも女性でも、まずはきちんと自立することが大事です。自立して生きている男女がお互い支えあって、励ましあいながら生きていくから幸せがあるのです。どちらか一方が寄りかかり、依存しているようでは結婚生活は続かないでしょう。

「結婚=幸せ」ではない?

結婚は幸せではない

今の時代、結婚=幸せなイメージをお持ちの方のほうが多いかもしれません。親族・友人を招いた結婚式、披露宴やかわいいウェディングドレスを着て大好きなパートナーと笑顔でケーキを食べる、そういった夢を小さいころからお持ちの女性も多いかもしれません。

ですが、このイメージって実はつい最近のものなんですよ。昔は泣きながら結婚をし、嫁ぎに行っていたのです。

昔はスマホもインターネットもなければ、テレビ・電話も普及していなかった時代、簡単に連絡を取ることなどできなかったでしょう。

そりゃ、見知らぬ土地へ嫁ぎ、家族との連絡もなかなかできないなんて状況でしたら結婚など不安でしょうがなかったでしょう。

ですが、今私たちがここにいるのは、そういったご先祖様たちがいて、必死に耐えて生き抜いてきてくれたからこそ、いられるわけです。

逆に考えると、今はスマホもインターネットもあるので、いつでもどこでも気軽に連絡を取ることができます。気になるニュースをすぐに調べることもできます。

また、今でもインドなど外国では顔も知らない相手と結婚をするそうです。本当は好きな人と結婚したいとは思っているのですが、親の言うことを聞かなければならないそうです。

そう考えると幸せな時代、日本に生まれたな~と感謝しないといけませんね。

まとめ

婚活マン

いかがでしたか?

「結婚=幸せ」と自らハードルを上げてしまうと、婚活をしてもなかなか結婚できず自らを苦しめてしまうことにもなりかねません。

結婚はただの契約だと思い、ある程度の年齢になったら現実を受け入れて結婚をすることも大事なのかもしれませんね。

人生は一度きりです。

もちろん結婚しなくても幸せに生きている人はたくさんいますが、後悔しないようにきちんと計画を立てて日々前向きに生きていくことがいいのではないかと思います。

<関連記事>

婚活をスタートする年齢と活動期間を決めよう

■「結婚相談所はどこに入会すればいいの?」詳しく解説してみました!

婚活サイトで結婚できるの?実際に体験した男性側からの意見

 婚活パーティーに50回以上行った男が全てを暴露!服装・立ち回りについて

この記事のタイトルとURLをコピーする



Sponsord Links

\ SNSでシェアしよう! /

婚活レボリューションの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

婚活レボリューションの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ATSUSHI

ATSUSHI

婚活・恋活を研究するアラサーの独身男女中心の編集部 編集長ATSUSHIは恋愛・婚活書籍を100冊以上読破 婚活パーティーに50回以上参加 これまでに100万円以上もの費用を婚活に費やす。あなたが同じ過ちを犯さないよう、婚活に関するすべてを公開するためにHPを立ち上げる!

関連記事

  • 婚活パーティーで出会った彼が友人の元彼だった!しかもチャラ男の噂も…

  • 婚活に疲れた独身女性必見!婚期を遅らせる5つの間違った努力とは?

  • 29歳フリーター女性 結婚相談所オーネットの婚活パーティー体験談

  • 「妥協しないと結婚できないの?」と言う婚活男女は一人で生きていけ

  • 20代で婚活している女性って本当にいるの?はい、いっぱいいますよ

  • 【お悩み相談】婚活で知り合った男性とHしてもいいの?夜の相性も大事?