1. TOP
  2. お金・マネー
  3. 憧れの職業CA(キャビン・アテンダント)が変な副業をしている?

憧れの職業CA(キャビン・アテンダント)が変な副業をしている?

 2015/01/26 お金・マネー 婚活ブログ
この記事は約 6 分で読めます。

憧れの職業キャビンアテンダント。

CAと聞くと昔、松島奈々子さんや矢田亜希子さん、堤真一さんなどが出演していた月曜9時のドラマやまとなでしこは高視聴率をたたき出していたのを思い出します。

テーマソングはミーシャのエブリシングでしたね♪

あの番組も婚活といえば婚活のドラマなので、まだ見ていない方は一度見てみることをオススメします。

ユーチューブで検索すればたぶん出てきますよ。涙あり、笑いありで今見ても全然おもしろいです。

今回はその憧れの職業CA(キャビンアテンダント)がいかがわしい副業をしている、とのニュースを発見したのでご紹介させていただきます。

給料暴落・現役若手CA衝撃告白

 

■給料暴落・現役若手CA衝撃告白「社内に●春サークル結成」

CA(キャビン・アテンダント)の給料の低下は2008年のリーマン・ショック以降に加速した。

厚労省の「賃金構造基本統計調査」によると、2004年の25~29歳のCAの平均年収は約498万円だったが、2013年は約391万円。

10年間で100万円以上も減少した。

若手CAのAさん(30歳)言う。

「2007年入社のCAが数年前、稼ぎたいCAを集めて“●春サークル”を作っていたと社内で噂になっていました。

顧客はパイロットで、彼女に電話を1本入れれば、ヤレるCAを紹介してもらえるんです。女衒(ぜげん)役ですよね。

1回5万~8万円ぐらいだったと聞いています。

ただ、少し前に幹部の耳に噂が入ったことがきっかけでその女性は辞めちゃったようです。

それでも、サークルにいたCAは今も社内に残ってるので、そういうバイトが今も続いているんです」

そこまで割り切れるのは、「私たちには賞味期限がある」(Aさん)ことも理由のひとつだ。

「売りどきはせいぜい30代前半まで。それを過ぎれば、途端に男性から相手にされなくなるんです。先輩方を見ていて学びました」

と語るのは伊東美咲似のB子さん(29)だ。彼女は社外で秘密のバイトを始めた。

「現役CA在籍を謳うデ●ヘルです。女の子にCAの専門用語や立ち居振る舞いなどを教えるバイトを先輩に紹介してもらったのがきっかけでした。

もちろん自分が働くつもりなんてまったくなかった。でも、お店のイケメンマネージャーに“会員制の高級デ●ヘルを紹介する。

キミは本物だし若いから90分6万円でも指名が付く”といわれて……。今しかできないことだから、お休みのときだけ出勤しています」

中には週1日、銀座のクラブでホステスをしたり、コンパニオン派遣会社に登録し、パーティーコンパニオンのバイトをしているCAもいた。

※引用元:週刊ポスト2014年12月26日号

 

まぁ、どこまで本当の話かは分かりませんが、陰でこっそり夜のアルバイトをしている女性って多いでしょうね。

首都圏だとどの街にもキャバクラやガールズバー、スナックもありますし、デ●ヘルなんかも呼べばホテルや自分の家まで来てくれます。

貧困女子が問題になっている今、CAといえども大変な時代なんですかね。

女の売り時は30代前半までは間違い!

「女性の売り時は30代前半まで」と話していますが、これは間違いですね。

ドラマやまとなでしこで松嶋菜々子が演じていたさくらこさんは、「女の売り時は27才だ!」と言っていました。

やはり多くの男性は、妊娠・出産を考えると30代前半の女性よりも20代の女性を選んでしまうでしょう。見た目の劣化もありますが、不妊やダウン症のリスクを考えると若い女性を選びたくなってしまうものです。

さらに、今は20代中盤や前半の学生さんなんかも婚活をはじめています。これでは30代の女性は勝ち目はない…。かなり不利な状況です。

関連記事:「20代前半女性や学生でも、婚活パーティーや婚活アプリをしてもOK?

男はアラサー女を避ける?

とある方が言ってたのですが、女性も20代後半に入ってくると男からの誘いが減ってくるようです。これは私もそう思います。

アラサー女性の結婚への焦りは半端ないです。そのオーラが伝わってきます。

笑い事ではなく、なんというかイタイタしいんですよね。

これらの年代の女性とは気軽に恋愛なんてできません。デートを誘うのも考えてしまう。

付き合うとなると結婚前提として考えなければいけないので、重くなる。

その年代の女性の気持ちも分かりますが、男だって一生のパートナーはじっくり選びたい。なので、そう簡単に結婚はできないでしょう。

今、恋愛結婚は平均4年半も交際期間があるようです。長年つきあった末にようやく結婚をしているので、大学を卒業してからすぐに旦那候補を見つけておかないと売れ残ってしまう可能性は高いかもしれませんね。

関連記事:「婚活をはじめる年齢と活動期間|妊活、高齢出産などから逆算してみた

女は25才までに結婚できなきゃ「売れ残り」?

今後クリスマスケーキ理論はどんどん当てはまってくるでしょう。

「女のピークは24才、25才。それを逃すと売れ残り!」くらいに思っていて婚活を始めたほうがいいと思います。

何も焦らせているわけではなく、じっさいの婚活の現状がそうなんです。

実際に、婚活アプリや婚活パーティー、街コンなどに一度参加してみれば分かるはず。

その時にもしあなた(女性)が若ければ、今後どういった人生歩んでいくか、どういったパートナーを選ぶべきかなどを真剣に考えるタイミングになるでしょう。

これが30才前後になってからではもう遅いんです。いい男は若い女性を選んでしまいます。

もちろんあなたがとびきりの美人だったり、家が資産家で社長令嬢だったりしたら話は別かもしれませんが、一般的なスペックの女性なら先手をうっておくことが大事です。

周りの友達に気を使っていないで、こっそり婚活してみたほうがいいですよ。

関連記事:「男は婚活女性の年齢をどの程度気にするのか?ぶっちゃけて言うと…

おわりに

いかがでしたか?

年頃の女性には少々辛口の内容だったかもしれませんが、本当に早く行動したほうがいいと思います。

CAの女性なら婚活男性から人気です。若いうちに婚活をはじめて、いい男をゲットしたほうが今後の人生捗るのではないでしょうか。

私もとある婚活パーティーでCAの女性と話したことがあります。マッチングアプリにも何人かいました。

多くはありませんが、婚活をしてるCAもいるわけです。

「お金がない」と目先のことのために変な副業をするよりも、早く結婚したほうがいいと思いますよ。

さくらこさんの「女の売り時は27歳!」の言葉を胸に刻んで、婚活をはじめてみてはいかがでしょうか。

婚活パーティーの基礎知識

 婚活パーティーに50回以上行った男が全てを暴露!服装・立ち回りについて

婚活パーティーの選び方

これで安心!婚活パーティー 11社のイベント 傾向と対策

1年以内に結婚したいなら結婚相談所へ

「結婚相談所はどこに入会すればいいのか?」詳しく解説してみた!

婚活アプリが一番効率いい?

「婚活サイト・アプリで結婚できるの?」実際20個以上使った男からの意見

 

2018年度版!オススメのネット婚活TOP3

「結婚前提で交際できる女性と出会いたい!」 「真面目に婚活をしてる男性と会いたい!」 そう思うあなたのために、20個以上のマッチングサイトを使ってきた私が優良婚活サイトを徹底的に分析し、順位づけしました。
  1. ユーブライド

    会員数150万人を突破した、mixiグループ運営の婚活サイト。 アプリ版・サイト版があり使い勝手も良く、気に入った相手にだけ写真を公開できる機能もあります。プロフィール項目はかなり細かく記載できるので、男女共に真剣度は高いです。 女性は無料プランでも十分活動できます。サクラゼロ宣言もしているので、初心者でも安心して使えますよ。( R-18)

    公式サイトはこちら

  2. ゼクシィ縁結び
    ゼクシィ縁結び

    リクルートグループが運営するゼクシィ縁結び。 婚活サイトの中では若めの20代からアラサー会員中心です。 価値観診断やデートセッティング代行サービス、有料会員のみ顔写真を公開することができるシステムなど、真剣に婚活できる仕組みが整っています。 試しに無料登録をして、どんな異性がいるか一度チェックしてみるといいでしょう。

    公式サイトはこちら

  3. with(ウィズ)

    20代に人気のアプリwith。会員の7割は20代ですが、結婚願望の強い真面目な男女が多いです。 withの強みは、マッチングイベントが多く、出会いのきっかけを作りやすいこと。 メンタリストDaiGo監修の性格診断テストや心理テストの結果をもとに、多くの異性と無料でマッチングできますし、女性の場合は完全無料で使えます。 会員数もグングン増え、勢いに乗っている今がチャンスですよ。

    公式サイトはこちら

(関連記事)

「これぞ真理!」婚活中の女性がなかなか結婚できない理由とは?

【30歳女性】先輩を反面教師にし結婚相談所へ入会→成婚退会した体験談

この記事のタイトルとURLをコピーする


Sponsord Links

\ SNSでシェアしよう! /

婚活レボリューションの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

婚活レボリューションの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ATSUSHI

ATSUSHI

婚活・恋活を研究するアラサーの独身男女中心の編集部 編集長ATSUSHIは恋愛・婚活書籍を100冊以上読破 婚活パーティーに50回以上参加 これまでに100万円以上もの費用を婚活に費やす。あなたが同じ過ちを犯さないよう、婚活に関するすべてを公開するためにHPを立ち上げる!

関連記事

  • 婚活の悩みは全てお坊さん・尼さんが解決してくれる?

  • カップル率はいいのに…婚活に大苦戦している30歳男性の悩みを解決!

  • 婚活男子必見!3~4人に1人しかいないまともな女性は大事にしよう

  • 非正規雇用(契約・派遣社員、フリーター)の女性は婚活では不利になる?

  • 結婚したくないけど子供が欲しい女性が急増中?未婚のシングルマザー事情

  • 婚活のルール!婚活女性に私が伝えたいこと【この3つは決めておけ】