1. TOP
  2. 恋愛
  3. 婚活ではどこからが彼氏・彼女(恋人)になる?曖昧な状態で悩むケース

婚活ではどこからが彼氏・彼女(恋人)になる?曖昧な状態で悩むケース

 2016/04/18 恋愛
この記事は約 5 分で読めます。

「婚活をしていて、なんとなくつきあっている感じにはなっているけれどもはっきりとした交際宣言はなかった。」

「告白されなかったけど、すでに恋人になっていると思う。」

そんな状態の方もいらっしゃるかもしれません。

いい相手が見つかってホッとしたのも束の間、どんどん不安になってくる。

もしかしたら、遊ばれているんじゃないか?ダラダラと関係が続いて、実はキープだったりしたら?。。

今回は、そんなお悩みをもつ27歳婚活中の女性の質問がヤフー知恵袋があったので、私なりに答えてみました。

似たような悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

婚活における彼氏彼女の定義とは?

婚活における彼氏彼女の定義とは?

27歳女の会社員です。
昨年夏頃に婚活パーティーでお会いした3歳年上の方との関係について、彼氏と言っても良いのか悩んでおります。

恥ずかしながら

この年まで喪女?で恋人がいなかったもので相手の方を彼氏と言ってもいいのか判断がつきません…
友人にも相談し辛い内容です…

関係としてはLINEは毎日で月に2、3回食事やお出掛け、共通の趣味であるライブに一緒に参加したりします。
旅行も行きましたし、行為も済みです。
しかし付き合う云々の話しは一切したことがありません。好きや愛しているなどの言葉も貰ったことはありません。

ライブで相手の方のご友人に合い、相手の方が席を外した際に 彼女?付き合っているの? と質問をされたのですが婚活で会いましたとも言えず、曖昧な返事になってしまいました…紹介の際も名前のみで関係については特に触れられませんでした。

婚活でいう面接の期間に相手の方を彼氏と読んでも良いのでしょうか?
それともキープ要員にみられている可能性が高く、今回は諦めて婚活を再スタートさせた方が良いのでしょうか?

引用:ヤフー知恵袋

ズルズル、ダラダラしてしまう状況

ズルズル婚活

婚活パーティーで知り合った男性と約半年ほど関係が続いていて、月に2~3回デートをし、LINEの連絡は毎日取り合っている。共通の友人も紹介済み、夜の営みもすでに終えている。

これは、ほぼ恋人と思ってもいいとは思います。ただ、好き・愛しているの言葉がないということなので、男性側はそういった表現が苦手な方なんでしょうかね。

やはり女性的には、男性側からきっちり言ってほしいところだと思いますが、質問者の女性の方も言えないタイプだと感じましたので、ずるずると半年も続いてしまっているのでしょう。

かしこまった時間を作って、話あうのもなんだかぎこちないし、恥ずかしいし、言い出せない。

また、キープ要因に見られていると決めつけて諦めるのも…。

という状況になってしまっていては、この先結婚にたどり着けるのやらという感じですね。

私が思うに、ここは一度タイミングを見て、きちんと話すべきだと思います。

そうしないと、ダラダラ、ずるずると時間が過ぎてしまい、あっというまに30代に突入してしまう可能性もなくはありませんので。

告白はただの確認作業

告白は確認作業

告白というのは、確認作業だと私は思います。

別に男から告白しても、女から告白してもいいとも思います。

男性からリードしてほしいという女性願望もあると思いますが、やはりどこかではっきりさせておかないといけませんね。

彼がはっきりとしてくれないのなら、あなたから切り出さないと状況は変わらない可能性が高いです。

これは、告白もプロポーズも同じものだと思います。

ダメならダメで次へ行く勇気を持とう

婚活と恋愛

「今が幸せなので、壊したくない。」という気持ちもわからなくはないですが、これでは前に進むことができません。

また、婚活市場において、女性の年齢は若さが武器になりますし、妊娠・出産のタイムリミットももちろんあります。

新たに婚活をすれば新しい異性とは出会えるわけだし、結婚する気がないどころか、遊び目的の男性と関係をダラダラ続けていても先は見えませんよね。

まぁ、婚活パーティーや街コン、婚活サイトやアプリの出会いだと、こういったパターンはよくあるようです。

出会い系サイトの延長と考えて、「とりあえず彼女が欲しいなぁ。」くらいの気持ちで参加している男性もけっこう多いとも思います。

損切りポイントをきちんと決めておこう

損切りポイント

こういったことにならないためにも、しっかりと自分で損切りポイントを決めておく必要があります。

「3か月経って交際宣言がなければ、次の男性を探す!」

「交際して半年が経って、結婚のけの字も出てこなかったら自分から言う!」

「1年経っても進展がないようなら、潔く諦めて、次の異性を探す!」

こういったことをあらかじめ決めておいて、婚活をしていかないとダラダラした状況が続き、晩婚化の波にのまれ婚期を逃してしまいます。

そして、こういった損切りポイントを決めたら、絶対に守るということも大事です。要は決断力と実行力ですね。

まとめ

婚活マン

今回のご質問のケースは、男性側にも問題はありますが、女性側にも問題があると思います。

どっちもどっちなので、ダラダラといってしまうのでしょう。

ただ、100%遊び、キープだとは言い切れないところもありますし、結婚までたどり着く可能性も0ではありません。

今の状況が幸せだから、思い切った行動や発言をできないところもあるでしょう。

しかし、先ほども申し上げた通り、「損切りポイント」をしっかりと決めておき、きちんと守ることでこういった状況を未然に防ぐこともできます。

もしも、こういったことを自分で言い出す自信がないのなら、婚活パーティーや街コンなどよりは、仲介のアドバイザーがいる結婚相談所で活動したほうがいいかもしれませんね。

 

<いろいろな婚活を勉強する↓>

婚活のルール!婚活女性に私が伝えたいこと

婚活をスタートする年齢と活動期間を決めよう

結婚相談所はどこに入会すればいいのか?詳しく解説してみました!

婚活サイトで結婚できるの?実際に体験した男性側からの意見

 婚活パーティーに50回以上行った男が全てを暴露!服装・立ち回りについて

この記事のタイトルとURLをコピーする


Sponsord Links

\ SNSでシェアしよう! /

婚活レボリューションの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

婚活レボリューションの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ATSUSHI

ATSUSHI

婚活・恋活を研究するアラサーの独身男女中心の編集部 編集長ATSUSHIは恋愛・婚活書籍を100冊以上読破 婚活パーティーに50回以上参加 これまでに100万円以上もの費用を婚活に費やす。あなたが同じ過ちを犯さないよう、婚活に関するすべてを公開するためにHPを立ち上げる!

関連記事

  • 婚活パーティーに潜入取材?テレビだからって冷やかしはやめてほしい

  • ナイナイお見合い 現実のアラサー婚活女性のスペックはこれくらい?

  • 【恋愛に受け身な未婚女性】に男性からの的確なアドバイス!

  • 婚活で大好きな相手と出会って、幸せな結婚をするって難しいこと?

  • これぞ真理!婚活中の女性がなかなか結婚できない理由とは?

  • なぜアラサー女は結婚できないのか?婚活アドバイザーの助言とは