1. TOP
  2. 婚活パーティーに50回以上行ってきた男の体験談!服装・会話・立ち回りのコツなど全て伝授

婚活パーティーに50回以上行ってきた男の体験談!服装・会話・立ち回りのコツなど全て伝授

婚活パーティーについてこれからどのサイトよりも詳しく解説していこう。

正直このページは魂を込めて書くつもりだ。「それはなぜか?」「なぜそこまで書くのか?」というのも、私自身婚活パーティーに50回以上も参加した経験があるからである。

1回5,000円だとすると、約25万円も使っている計算だ。そして、25万円だけで済んでいると思ったら大間違い。カップリングした女性と食事へ行けばお金は必要だし、もちろん交通費もかかる。

清潔感のあるファッションを心がけていたため、洋服代やクリーニング代などもかかった。カフェで会えばいいところを、格好つけてこ洒落たダイニングバーなども利用していたので、少なく見積もっても50万円以上は婚活パーティーには投資?している。

もちろん経済面だけではなく、婚活パーティーに参加するとなると、時間も作らなければならない。主に週末の夜に参加していたので、友人と遊んだり、家でゆっくり休む時間を削って婚活パーティーに参加していた。

活動期間は約3年。月に2~3回のペースで参加していた。多い時だと、1日に2回参加したこともあるし、土日に続けて参加したこともある。

そして、見事パーティーでカップリングした女性とデートをするとなると、そこも時間を作らなければならない。仕事と婚活パーティーとデート(お見合い)だけでスケジュールが埋まってしまう。

「本当に参加したの?」

「50回は嘘だろ、数回参加しただけじゃないの?」

と疑う方もいるかもしれないので、証拠として下記の申し込み完了受信メールの一部を掲載しておく。

スマホの方は見にくくて申し訳ないが、信用していただければ幸いだ。

もちろん電話で申し込んだイベントもあるし、時には溜まったポイントを使って参加したこともある。

 

今振り返ってみると、なぜそんなにまで熱くなっていたのか。まぁ、今冷静になり考えてみると婚活パーティーが好きだった、楽しかったからだろう。

そう書くと、

「遊び目的なの?」

「チャラチャラしてたんじゃないの?」

と思われるかもしれないが、私は真面目に参加していた。結婚相手を探すため、真剣にパーティーに参加していたのだ。

そして、素敵な出会いもあったし、恋愛に発展するケースもあった。普通に生きていたらできない経験もあったし、時には女性を泣かせてしまうこともあった。そして何より、「自分が大きく成長できたのが一番よかった。」、今となってはそう思えるほど、婚活パーティーには感謝している。

とまぁ、前置きは長くなってしまったが、これから婚活パーティーについて、私の多くの体験談も踏まえてお話しさせていただく。これから本記事を見て、婚活を始める方や現在婚活中の方の役に立てばうれしい限りである。

また、現在自分の子供や兄弟、友人が結婚できなくて困っている場合は、ぜひこのサイトを教えてあげてほしい。私がこれまでに50万円以上のお金と多くの時間を費やしてきた血と汗と涙の結晶がつまっている。なので、少々長いかもしれないがぜひ最後まで読んでいただきたい。

「さっさとオススメの婚活パーティーを教えてくれ!」

という方は、こちらを見てくれ。

 

「パーティーでもアプリでも結婚相談所でもいいから1年以内に結婚したい!」

という方は、以下の記事を読むことをオススメする。本気の婚活とは何かが分かる、かなり価値ある内容だろう。



Sponsord Links

目次

婚活パーティーに50回以上参加した結果から言うと…

これは書こうかどうか迷ったのだが、興味がある人も多いと思うので思い切って書いておこう。

結論からいうと、婚活パーティーで出会った女性とは結婚には至らなかった。

交際まで発展した子は6~7人ほど。なので、8回パーティーに参加すると、だいたい一人と交際できた結果になる。そして、結婚を考え、半年以上交際した子は2人ほどいた。(まぁ、いろいろあってお別れすることにはなってしまったのだが…。)

そして、婚活パーティーに参加してカップル成立となるケースは2~3回に1回くらい。その後連絡をし、1回目のデートまでに発展するのはパーティーに参加して3回に1回くらいだった。

50回以上婚活パーティーに参加したので、15~18人くらいとは一回デートをし、その中で2回目、3回目とデートが続き、交際するまで進展したのが6~7人ということになる。(数週間でお別れとなった短い子も含めてだが。)

なので、「とりあえず恋人が欲しい」と思う方がいたら、まずは8回はがんばって参加してみたらいいかもしれないな。8回婚活パーティーや恋活パーティー、街コンなどに参加すれば、150人くらいの異性と出会えるチャンスが生まれるので、一人くらいはお互いビビっとくる異性がいてもおかしくはないだろう。

ちなみによく「ピンとくる」「ビビッとくる」などという言葉が使われるが、私の場合は50回以上のパーティーに参加して、ビビビッ!!ときたのは、3~4回くらいだろうか。そして、ズドーンと稲妻が落ちたのは2回。25回に1回くらいだ。

まとめると以下のようになる。

そして、ここは大事なポイントなので、改めてこう言わせていただこう。

ポケモンはゲットしなくていい。

婚活はこの

「ビビっとくるビビモン

「ズドーンと稲妻が落ちるズドモン

をゲットしに行く果てしない旅なのだ。

ただ、婚活パーティーと言えど、このビビモン、ズドモンはいつ現れるか分からない。そして現れてもはぐれメタルのようにサッと逃げてしまう。「キター」と思ったら、「アレー」と言う間にいなくなってしまうのだ。

常に婚活ドラゴンレーダーにスイッチを入れアンテナを張り巡らし、現れた時は会心の一撃をかまし倒さなければならない。私は会心の一撃をかませず空振りに終わってしまった。

試合終了ラスト5秒でリバウンドを取ったものの、ゴリと間違え高砂にパスを送ってしまうようなヘマを何度もしたのだ。(スラムダンク名シーンより)

そして、気をつけなければならないのは、このビビモン、ズドモンを探し続けているうちに

になってしまうこともあるのだ。これだけは避けなければならない。

ノコリモンにならないためにも、必ず婚活の期限を決めよう。「●●才まで」「20●●年の●月まで」「東京オリンピック開催まで」と決めなければ、私のように50回以上婚活パーティーへ行ったり、ダラダラと3年も続けてしまい婚活難民になってしまうのだ。

また婚活パーティーは自分には合わないと感じたらすぐに撤退する勇気も必要である。なぜなら、全く異性から相手にされない人もけっこう見てきたからである。婚活パーティーは第一印象やコミュ力、異性慣れしている男女に人気が集中しやすい傾向があるので、そうでない人はなかなか厳しい場でもある。

中にはフリーザ(れ●こさん)のような強敵もいる。婚活戦闘能力53万を超える異性に会った場合は、サッと身を引くことも大事である。そう、しっかりとした攻撃と防御を身につけなければ大きなダメージを負い、メンタル崩壊⇒再起不能状態になる可能性もあるのだ。

だが必要以上に不安がることはない。当サイトを読む方には私と同じような痛恨のミスはしていただきたくない、そう願って余すことなく婚活パーティー必勝メソッドを書かせていただいた。しっかりと読み、マスターすれば一気にスーパーサイヤ人並みの婚活戦闘能力を手に入れることができるだろう。

婚活パーティーで出会った素敵な人と安心してフュージョンもでき、一心同体⇒共同体になることができるはずだ。

では、これから婚活パーティーについて詳しく解説していこう。

婚活パーティーとは?

まずはこちらの動画を見ていただきたい。

■エクシオ お見合いパーティーの流れ

こちらはエクシオという婚活パーティーのイベント会社の動画である。エクシオは現在の日本で一番有名な婚活パーティーのイベント会社である。

コンビニと言えば、セブンイレブン。

ファーストフードと言えば、マクドナルド。

炭酸飲料水といえばコカコーラ。

が、パッとと思い浮かぶのと同じように、「婚活パーティーと言えばエクシオ!」というのが業界では常識なのでこの機会に覚えておいてほしい。全国各地で毎日イベントが行われており、日々男女が己のアピールをし合う刺激的な場所を提供している。

動画では、モデルの加藤夏樹さんが分かりやすく説明してくれているので、一回見ればどういったものか理解することができるだろう。

ナインティナインのお見合い番組でも出てくる、”お見合い回転ずし”が行われるのもこちらの動画を見ればお分かりいただけるだろう。元々は昔とんねるずがテレビでやっていた「ねるとん」から発展したものが今この形となって存在しているようである。

【追記 2017年秋】

エクシオが平日限定参加し放題パックをはじめたようである。男性11,800円、女性2,000円(税込み)で平日のパーティーに何回でも参加できるとのこと。

婚活パーティーマイスター(名人)の私からすれば、これは男性にとってかなりお得なプランである。基本的にエクシオの平日のパーティーは19:30前後に開催されることが多いので、週に1回以上参加できそうな方、特に毎週金曜日に参加でき、さらに首都圏に住んでいる方には心の底からオススメできる。

3か月~半年ほど集中して30回以上のパーティーに参加できれば、あなたも婚活パーティー黒帯(初段)くらいにはなれるだろう。笑

ただし、遅刻やキャンセルをするとペナルティー費用が発生するなどの注意点もあるよう。詳しくはこちらのオススメの婚活パーティー(エクシオ編の巻)に記載したので、気になる方はチェックをしていただきたい。

■シャン・クレール 婚活パーティーの流れ

こちらは婚活パーティーのイベント会社シャンクレールの説明の動画である。おそらくではあるが、こちらは業界二番手の会社でエクシオと同じように全国各地で毎日イベントが行われている。

そしてもう一つ上げるならホワイトキーだ。こちらも全国で開催しており、すごく丁寧なパーティーということで口コミや評判も上々だ。お菓子やケーキが用意されているイベントに行ったことがあるのだが、質もよく会場の雰囲気もよかったのでオススメできる。

そのほかにも数多くの婚活イベント会社があるのだが、エクシオ、シャンクレール、ホワイトキー 、とりあえずこの3社の名前を憶えてこう。

その他のパーティーも含め紹介すると、

パーティー名 運営会社 特徴
エクシオ
株式会社エクシオジャパン 平日参加し放題パック、1対1完全着席会話型あり。全国で毎日開催されている。
シャンクレール
株式会社シャン・クレール 高層ビルやホテルなどで行われるイベントもあり。フリータイムは動きやすい。
ホワイトキー 
株式会社ウィルコミュニケーションズ マッチング結果、人気度などが詳しく分かる。お菓子、スイーツパーティー、謎解きイベントもあり。
PARTY☆PARTY
株式会社IBJ(東証一部上場) 【赤丸急上昇中】現在業界最大規模との話もあり。1対1完全着席あり。結婚相談所IBJ(日本結婚相談所連盟)が運営。婚活サイトのブライダルネットも運営。
YUCO.(ユーコ) 
株式会社Diverse 20代30代が中心。少人数制のイベントが多い。婚活サイト ユーブライド(R18)も運営。
フィオーレ
株式会社トータルマリアージュサポート 関西中心のパーティー。金土日のイベントが多い。早割りを使うと安い時もあり。
OTOCON
株式会社パートナーエージェント(東証マザーズ上場) 1対1完全着席あり。男性の参加費が若干安い。結婚相談所パートナーエージェントが運営。
ゼクシィ縁結びパーティー
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 結婚情報サービス ゼクシィによるパーティー。スポーツ婚活や趣味婚活などもイベントもある。婚活サイト ゼクシィ縁結びも運営。
ノッツェ婚活パーティー
株式会社結婚情報センター 結婚相談所ノッツェが運営するパーティー。男女各5名など少人数のイベントが多い。参加費は安い。
プレミアムステイタス
株式会社フュージョン アンド リレーションズ ハイステイタス男性と20~30代美人女性限定の婚活パーティー。参加人数もけっこう多い。
ルーターズ
株式会社Rooters 恋活パーティーや街コンを運営。男女各100人超えの大規模パーティーを開催している時もある。

上記のようになる。

今や全国各地で毎日たくさんの婚活パーティーが行われており、東京だと週末の土曜日にもなると1日で400ものイベントが行われている。逆に少ないところだと週末でも数回しかパーティーがない県もある。

パーティーレポートを公開しているところもあるので、気になるパーティー会社は一度HPを見てみるといいだろう。

たぶん行かないほうがいいパーティーの特徴

これは個人的に思うことで正解ではないのだが、一応書いておこう。

・運営先が法人(株式会社など)ではない

・ホームページがしょぼい or 無料ブログ or ない

・パーティーの連絡先が090、080からはじまる番号

 

そんなところには行かないほうが無難だろう。婚活・恋活パーティーは男女を集めれば簡単に開催できる。中には平日に会社員をやって、週末に副業でパーティーを運営している人もいるよう。

そういったパーティーに参加しても満足度は低い。そして怪しげな人たちが集まることもあるし、サクラがいる可能性も十分に考えられる。

特に恋活パーティーではそういったものが多いので注意し、パーティーリテラシーがない方はやはり先ほど紹介したイベント会社の中から選び参加したほうがいいだろう。

先ほどのパーティー会社も含め安心して参加できるパーティーは、こちら「オススメの婚活パーティーランキング」に特徴や詳細情報をまとめたので後ほど見ていただきたい。

料金システム

参加費用はイベントや開催地域にもよって違うのだが、だいたいのパーティーは、

男性 5,500円(インターネットの予約で500円引き)

女性 500円(インターネットの予約で500円引き 実質無料)

というシステムで成り立っている。

これを見て、

「おいおい、女はタダなのかよ!ぼったくりじゃねーか!男女平等じゃねーのかよ!」

と思う男子もいるかもしれないが、落ち着け。一度ゆっくり深呼吸をしろ。鼻から吸って、口からゆっくり吐け。

落ち着いたらOK、続けていこう。

おそらくパーティー会社も商売でやっている以上売上を伸ばしたい。ではどうやったら伸びるか?

(A)男5,000円、女500円

(B)男3,500円、女2,000円

(C)男500円、女5,000円

 

上記3つパーティーがあった場合、やはり人が集まるのは(A)になるだろう。(B)くらいがちょうどいいようにも感じるが、(A)があるとやはり女性はそのイベントへ流れてしまう。すると女性が集まる(A)のパーティーへ男も釣られて参加してしまうのだ。

女性が集まらないと男も来ない女性が集まれば男も来るパーティーも盛り上がる売上も上がる

そんな流れになるだろう。

今流行りの相席居酒屋も女性を集めるために料金を無料やそれに近いくらいまで下げ、連日繁盛している。婚活アプリも女性無料のほうが会員数が多い。

なので「そういうものなんだ。」と思い、ここはぐっとこらえていただきたい。まずは女性を集めるためにこの価格に設定し、需要と供給のバランスがうまくなりたっているのだろう。

ちなみに(C)パターンは、医師や弁護士、パイロットなどハイステータス男性を集めればお金を払ってでも参加する女性もいるそうだが、あまり深くは突っ込まないようにする。笑

【追記】最近は公務員、警察官、消防士、自衛隊、大企業正社員男性限定パーティーの参加費も男は安く、女性は高いイベントになってきているよう。

「男女の参加費の差」に納得できないメンズへ

実は私もこの料金設定は変えたほうがいいと思っている。女性もある程度お金を払わなければ、その分を取り戻そうという気にならず真剣度が下がる。「また次あるからいっか。」となってしまう。

そしてこの婚活パーティー参加費問題は、「男性差別だ」と言う激おこメーンもいる。気持ちは分かるのだが仕方がない。先ほど話した需要と供給のバランス、そしてバブル時代の名残りとして残っているだけだ。

バブルの時代は女子大生が「ディスコ マハラジャ」で、ミニスカ・ボディコンファッション、センスを片手にブイブイ踊っていた。そしてアッシー君、メッシー君、ミツグ君、本命と男を使い分け、3股4股も当たり前だったよう。当時はバブルで浮かれていたから、女を振り向かせるのに男も大変だったのかもしれない。

だが今はバブルがはじけ、もうすぐ30年になる。時代は変わったのだ。そのうち男女の値段も変わらなくなっていくかもしれないし、今でも男女同価格のイベントも稀にあるので、そういったパーティーを見つけて参加すればいい。今は耐えるのだ。

どうしても女性が無料のパーティーには参加したくないという男子には、PARTY☆PARTYYUCO.(ユーコ)、のパーティーをオススメする。個室型、少人数制のパーティーも多く、男性・女性ともに1,000~2,000円ずつアップする料金設定のイベントが多いようなので、真剣度の高い婚活パーティーであるともいえる。

また、参加費用の安い婚活パーティーをお探しならOTOCONノッツェ婚活パーティーもオススメだ。男性の参加費が2,000~3,000円のイベントも稀にあるので、試しに参加してみるのもいいかもしれない。

ちなみに、電話での予約もできるが、その場合は500円引きがされなかったと思う。詳しくはイベント会社のホームページをチェックしてくれ。

 

【追記】2016年10月 現在は女性無料のパーティーは少なくなってきているよう。女性の参加費が上がり、1000~2000円程度かかるところが多くなってきた。20代の女性が集まるパーティーだと500円(前日までの予約で500円引き=実質無料)のところもある。

【追記2】2017年7月 現在は少人数制や個室型のパーティーの値段は若干上がっている傾向があるようだ。開催場所や曜日によっても若干異なってくるので、参加費用に関しては、ぜひ一度各社の公式HPを見て確認していただきたい。

また、最近は男性の参加者が集まりにくいなどの噂もあるからか、前日までにWEB予約をすると男性1,000円引きのところもいくつか見かけるようになってきた。

ちなみに私がオススメするパーティーのホワイトキーは何年も前から「前日までに予約すると男性1,000円割引」の制度があったので計画性のある男性にはオススメできるパーティー会社だと思う。

【追記3】2017年11月 やはり男性の参加費は下がってきているよう。男性参加者の集まりが悪くなったか、イベント数が多いので参加者がバラけているのかもしれない。

会場の雰囲気&パーティースタイル

待ちに待ったパーティー当日。

できる限りのおしゃれをして、髪の毛を整え、ひげを剃り、嫌なにおいのしないようシュシュッと軽く香水をふりかけ、高鳴る鼓動を抑えながらパーティー開始10分前に着くよう会場へ向かう。

パーティー会場入り口に着くと、参加男女が入り口に並んでいる。一人で来ている人や友達と来ている人もいる。比較的女性は2~3人の友達と来ていることも多いが、1人で参加している女性も3~4割はいるので、不安に思わず参加してみてほしい。

また、一人参加限定のパーティーもあるので、そういったイベントに参加してみるのもいい。やはり一人で参加している男女のほうが真剣度も上がるだろう。

受付で参加費を払うのだが、場合によっては身分証を見せて本人確認をする。ただ、身分証を見せるといってもチラッと確認するだけなので、偽造のものであっても分からないだろう。もしかしたら、友人のものを見せても特に何も言われないかもしれない。それぐらいチェックは甘かった、昔は。。(今は名前や登録住所などもきちんと確認しているようだ。)

で、参加費を払ったあとに、胸につける「番号札」と「プロフィールカード」というものを受け取り、イスとテーブルが並べてある会場に入り、空いている席、もしくは番号で席が決まっている場合はそこに座る。

会場のBGMは、今の時代に合わないユーロビートが流れているときが多々あった。セクシーパブに来てしまったのかと勘違いしてしまいそわそわするときもある。

【追記】最近はユーロビートを流すパーティーのほうが珍しくなり、オシャレなBGMを流すパーティーも多いので心配しないでほしい。笑

話は戻して、予約した参加者が集まるパーティー開始までの時間「プロフィールカード」に自分の紹介文を書き、まわりをチラチラと見ながらその日の参加者を確認する。

人数は、開催場所と時間によるが、平日の夜なら男女合わせて10~20人ほど、首都圏の金土の夜だと男50人 対 女50人になる時もある。男女比率はだいたい合うように調整されているが、男が多い時もあれば、女が多い時もある。まぁ、この辺は先ほど紹介した動画を見てもらえれば分かるだろう。

ただ、はじめから少人数の「男12人:女12人」や「男8人:女8人」などと設定されているパーティーではそれらの人数をオーバーすることはあまりないので、一人ひとりとじっくり、ゆっくりお話したい方はこの少人数制のパーティーをオススメする。

会場の雰囲気 参考画像

婚活パーティーに参加したことのない方はイメージしにくいと思うので、参考までにパーティー会場のイメージ画像を載せておく。

様々なパーティースタイル、カテゴリー分けされたイベントがあるので、自分に合いそうなものを見つけて参加してみよう。

一般的な婚活パーティー(お見合い回転ずし型)

一般的な婚活パーティー

出典:omiparty.com

オススメ度★★★★☆

まぁ、スタンダードな婚活パーティーで参加者一人ひとりと話す時間がある「お見合い回転すし形式」なので、奥手でシャイな方でもとりあえず異性と話すチャンスは平等に与えられている。

会場によっては若干狭いところもあるのが難点。ただパーティーがはじまってしまえばそんなことを気にする余裕もなくなるだろう。

前半戦はお見合い回転すし形式、後半戦はフリータイムで男性が気に入った女性の席にアプローチしに行く形が多い。

基本的に平日は参加人数は少なく、週末や祝日は多い。これはどのパーティースタイルでも同じではあるが、重要な点なのでぜひ覚えておいてほしい。

立食形式の婚活パーティー

立食形式の婚活パーティー

出典:jclub.bz

オススメ度★★☆☆☆

写真を見ると、オシャレで自由なフリースタイル系、欧米人がよくやってそうな「THE・パーティー」という感じもするが、はっきり言ってしまうと、男はナンパ力・コミュ力がないと女性と話す機会さえ得ることができない。草食系男子は浮いてしまうだろう。さらに間違えて1人で行った日には、かなり辛い状況になるだろう。

逆にナンパ力やコミュ力がある男性には向いてるとも言える。(踊るほうの)クラブとさほど変わりない、と言えば分かりやすいかもしれない。

また、女性の場合はかわいい女性に人気が集中してしまったり、それらのかわいい女性も天狗になりやすいように感じるので、婚活パーティー初心者にはあまりオススメできない。

主催者が気をつかって、男女が話せるようビンゴゲームをしたり、マイクパフォーマンスで盛り上げたりもするが、なかなかうまくいっていないようにも感じる。

プロフィールカードなどもない立食系パーティーも多く、婚活というよりは恋活パーティーに近いとも言える。

個室型の婚活パーティー

個室型の婚活パーティー

出典:omiparty.com

オススメ度★★★★★

個室型の婚活パーティーは少人数制のパーティーが多く、ゆっくり話せるし、まわりの目を気にする必要もなく、シャイ・奥手なタイプの方、そして婚活初心者にはオススメできる。

「個室」と聞くと「え、男性と二人っきり…危なくないの?」「初対面から個室はきついよ」と思ってしまう方もいるかもしれない。だが、個室ほど日本人にぴったりの場はなかなかない。

漫画喫茶もオープン席より個室のほうが高いし、やはりプライベートな空間を確保できるので落ち着く。居酒屋も個室や半個室のほうが静かでいい。

人気ラーメン店にも個室型があり、ラーメンを食すことに集中できる。婚活パーティーは今後の人生を左右する大事な男女の出会いの場でもあるのでラーメン以上に集中したい。

ただ少人数制のイベントも多いため(男女各8~15人程度)、好みの異性やビビッとくる異性と出会える確率はやや下がるかもしれない。そして参加費も若干高くなり女性も参加費用をきちんと払うイベントも多いのだが、その分男女の真剣度も高くなる傾向もあるので、大人数が苦手で真剣にパートナーを探したい方はぜひ一度参加してみよう。

女性の参加費が無料のパーティーに比べると、きちんと対応してくれる女性も多いのでそういった意味でもオススメできる。

また、男性も他のパーティーに比べて参加費が高い。私ははじめ

「え?なんで女の料金は上がったのに、男も上げるの?1回のパーティーに7~8千円とか高くね?」

と思ったのだが、この2~3千円の差額が発生することによりヤリモクや遊び目的の男性も「ならもうちょい安い1回5千円くらいのパーティーにしよう。」と回避できる確率が上がるのではないかとも感じた。

もちろんそれで100%遊び人男性、ヤリモク男性がいなくなるわけではないのだが、他のパーティーに比べれば多少は安心できるだろう。先ほども述べたが、男女共に参加費用を上げると真剣度が上がる傾向があるということだ。

まぁ、男性も他のパーティーに比べてプラス2~3千円かかるくらいで、真剣に婚活をしている女性と出会えるなら払う価値は十分にあるだろう。

もちろん「百聞は一見に如かず」なので、まずは一回参加してみて自分の目で確かめてみるといいだろう。

ちなみに先ほどのパーティー会社の中では、PARTY☆PARTYエクシオOTOCONが比較的たくさんの個室型婚活パーティーを開催しているので気になる方はチェックしてみてほしい。

【追記2017年11月】最近は男の参加費は下がって個室でも5~6千円、女性は2千円ほど。全国的に個室のイベントも増えているよう。

クッキング婚活パーティー(趣味系イベント)

料理合コン

出典:mariesage.com

オススメ度★★★★☆

参加男女で料理を作ったり、共同作業をしながら仲良くなっていくスタイルの婚活パーティー。

こちらもどちらかというと、グイグイリードできる男性やコミュ力の高い男女のほうが向いている。逆にシャイで奥手な男性は向いていないケースも多いだろう。

そして、料理が得意な女性はもちろん、料理好きな男性にもオススメできるイベントである。そう、自分が得意としたジャンルのパーティーへ参加すれば、他のライバルよりも一歩リードすることができるのが趣味系婚活パーティーなのだ。

お料理婚活以外にも、

・野球・サッカー観戦婚活

・フットサル・ボルダリング・ボーリング・ジョギング・登山婚活などのスポーツ系イベント

・カメラ好き・映画好き・アニメ好きなどの趣味系イベント

・ペット好き・牧場や水族館巡り

など様々な企画があるので自分に合い、楽しめそうなパーティーがあったら参加してみるのもいいだろう。

最近は各パーティー会社もこの趣味系イベントに力をいれているようだが、ちょっと値段が高いのが残念。

ハイスペック婚活パーティー(高収入男 VS 美人女)

出典:.goo.ne.jp

オススメ度★★★☆☆

選ばれし男女のみが参加できるセレブ婚活パーティー。男は医師、弁護士、会社経営者など高収入メーン。女は写真審査を通過した20代の美人が集まるというルネッサンスなイベント。

そう、一億総中流の時代は終わったのだ。格差社会まっしぐらの日本にさらに拍車をかけそうなパーティーだが、そんな甘ちゃんなことを言っていては婚活市場で生き残ってはいけない。婚活は食うか食われるか、弱肉強食の争いでもあるのだ。

余談だが、私は昔、美男美女のみが参加できるSNS「ビューティフルピープル」に、興味本位で入会してみようと写真申請をした。しかし、残念ながら入会することはできなかった。会員の男女が審査をするらしいが、見事に落ちた。

頭にきたので何度も写真を変え申請したがダメだった。ネットから拝借したイケメンの写真で申し込んでも落とされた。もう笑うしかない。笑

調べたところそのSNSはもうないようだが、あれも顔だけではなく収入や肩書、持ち家などで審査をされていたようだ。

「とにかく若くてかわいい子がいい。」「絶対に高収入男性じゃないと嫌だ。」という方、そしてハイスペック婚活パーティーに興味のある方は、こちらのプレミアムステイタス でも開催されているようなのでチェックしてくれ。

オタク婚活パーティー

オタク婚活パーティー

出典:tokyoeradeai.net

期待度★★★★☆

ちょっと前に話題になったオタク婚活パーティー。アニメ好き、ゲーム好き、コスプレ好きなど様々なオタクカテゴリーのパーティーがあるので、自分に合ったものがあれば参加してみるのもいいだろう。

正直、私自身まだ行ったことがないので「期待度」とさせていただいた。残念ながら私はオタクではないし、アニメも見ないしコミケも行ったことがない。お面をかぶるのも躊躇してしまうが、日本のオタク達にとっては夢と希望のつまったパーティーであろう。

ちなみに「にわかオタク」が行くと相手にされないなどの口コミもあるので、本当に自分の専門分野のオタク婚活パーティーに行くほうがいいかもしれない。

ものまね婚活パーティー

出典:exeo-specialparty

期待度★★★☆☆

最近は時代を先取りしすぎているのか、パーティー会社の企画担当者もネタがなかなか見つからなかったのかは分からないが、斬新な企画とも言える「ものまね婚活パーティー」(ものまねが得意な人が集まるパーティーイベント)などもあるよう。

だが、開催日は未定になっていたのでなかなか参加者は集まっていないのだろう。笑

こちらも参加したことがないので、期待度とさせていただいたが、本当にモノマネが上手な男女ならきっと意気投合し、恋愛・結婚に進展する確率も上がるだろう。

機会があれば一度参加してみたい気持ちもあるのだが、残念ながら私は芸達者ではないのでレベルの低いアントニオ猪木くらいしかできない。我こそはというモノマネプレーヤーがいたら、ぜひ参加していただき、パーティーの様子・感想を本サイト宛に送っていただければ嬉しい。

お寺で婚活パーティー(寺コン)

寺コン・お寺で婚活パーティー

出典:jisya-now.com

期待度★★★★★

お坊さんがボランティアで主催しているというお寺での婚活パーティー。こちらもまだ参加したことはないので期待度としたが、評判はいいようだし、参加費も安い。調べた感じでは男女ともに一律3,000円というものもいくつか目にした。

そして、遊び目的の男性も少なく、真剣度の高い男女が参加しているようで、成婚率も高いらしい。まぁ、遊び人・ヤリモク男性も坊主の前やお寺の中では悪さはしたくない気持ちもあるのだろう。笑

ちなみに興味のある方は下記のページもぜひチェックしてほしい。お坊さんの結婚・婚活の話はかなり説得力があるし、そもそも営利目的ではやっていないので、個人的には本気でご縁を繋げてくれるようなパワーを感じる。

【関連記事】⇒婚活の悩みは全てお坊さん・尼さんが解決してくれる?

服装・ファッション【男女別TOP3】

続けて、婚活パーティーに参加する上で大事なファッションについて話していこう。

平日だと男性はスーツ、女性も仕事帰りの服装が多い。休日になると男性は私服が多くなり、女性はワンピースなどの軽いパーティースタイルが多い。

言葉で説明するよりも写真を見せたほうが早いので、参考までにどんな感じの服装がいいかランキング形式で載せておく。

※モデルさんの顔ではなく、ファッションを見よう。

男性3位

男性2位

男性

 

女性3位

女性2位

女性

まぁ、私の好みも若干あるかもしれないが、こんなところで問題ない。そこまでオシャレをしなくていい。「普段のデート服以上、結婚式の二次会未満」くらいがちょうどいいだろう。

中には仕事帰りに参加する男女もいるので、バッチリと決めることもないのだ。

あまり気合いを入れすぎて参加すると若干浮いてしまい、恥ずかしいかもしれないので、やや抑えめにしておくくらいでちょうどいい。

ただ、これらの恰好をしているからといって、モテるわけではないが、無難な格好をして参加したほうがいい。

TPO(時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け)を大事にしよう。

ちなみにこれらは20代、30代の男女向けなので、アラフォーやそれ以上の方は「婚活 ファッション 自分の年代」で検索してチェックしてくれ。

【参考服装 追加 2018年01月】

・男性

・女性

まぁ、こんなとこだな。

男は迷ったらスーツ

男性の場合、私服に自信がないのなら休日でもスーツを着て行こう。

スーツ姿が好きな女性は74.2%もいる。逆に男のスーツ姿が嫌いな女子は2.1%しかいないのだ。

参加する日は、仕事でクタクタになったスーツではなく、クリーニングに出した後のきれいな状態のスーツを着て行こう。シューズも磨いておいて、清潔感のある服装にすることがポイント。

私服で参加する場合

私服の場合は、襟のついたシャツorジャケットがいいだろう。職場に行けるようなシュッとした恰好は女子ウケがいい。

Tシャツやパーカーはラクだが、やはり襟のついたシャツのほうが印象はいい。

そして、靴はスニーカーよりも革靴のほうがいいだろう。やはり足元は大事だ。ダサいやつは足元がダサいし、汚い。見てるだけで匂いが伝わってくる。

とりあえずシンプルなプレーントゥの黒い革靴にしておくといい。もちろん、靴下の色にも気を使え!黒か紺が無難だろう。

奇抜な恰好はNG?

ファッションが大好きなお洒落さんは、自分の好きな格好で行けばいいが、あまり奇抜な格好をしていくのはオススメではない。なぜなら、そのファッションが好きという女性ならいいのだが、もしもあなたの好みの女性がいたとして、その女性に第一印象でアウトになってしまった場合は、番号を聞くこともできず終了になってしまう。

また、夏でもハーフパンツやサンダル、過度なダメージジーンズはNGだ。ドレスコードのあるレストランに行くときの恰好を心がけよう。

女はとりあえずワンピース

続いて女性のファッションだが、これは私の主観も入ってしまっているかもしれないが、おそらく客観的に見てもこうだろうなと思うことを書いていく。

やはり定番はワンピースだ。アラサー独身男性の8割がワンピース姿の女性を好むそう。これを使わない手はない。デニムやパンツスタイルはもったいないのだ。

色は白、グレー、紺あたり。ふわっとした明るいピンクや水玉のパステルカラーでもいいし、秋なら茶系でもいい。ただ会場は薄暗くなっているので、黒だと少し暗い印象になってしまい、目立たないことがあるかもしれない。

たまにピンクピンクした服装をしている子やギャルっぽいファッションの子もいるがやはり浮いてしまう。目立つという意味ではいいのかもしれないが、個人的には無難な格好がいいと思う。

そして、胸元を広く空けたものはいかん!セクシーさではなく、清楚さをアピールするのだ。育ちや礼儀、品が良く見える女を演出しよう。

とりあえず、迷ったら白いワンピでOKだ!

夏は花柄のワンピ

さらに言うと、夏は「花柄のワンピ」だと1.2倍かわいく見える。なぜだか分からないが私は花柄のワンピにやられる。白地や紺色のワンピに、ピンクやオレンジ色の花が咲いているともう1.2倍かわいく見える。

合計1.44倍かわいさがアップするのだから、一着くらい買っておいてもいいかもしれない。

冬は白いニット

そして、冬はモコモコとした白いニットがいい。アルパカのような白いモコモコニットにキラキラしたホワイトピンクゴールドのネックレスが胸元にちらりと見えるとかなりヤバイ。笑

こちらも1.44倍かわいく見える。いや、それ以上かもしれない。まぁ、これは私の意見&好みなので、参考程度に留めておいてほしい。

男は女の服装を気にしない?

女の場合、どんな服装で行くかかなり悩む子も多いだろう。そういった話もネットでよく見る。

だが、そこまで気にする必要はない。何より男はファッションよりも顔やスタイルのほうに目がいってるだろう。

どんなにおしゃれな格好をしていようと、本質は変わらない。

「服を脱いだ時に腹が出ていないか?」

「すっぴんになったときでも見れる顔か?」

そのあたりのほうが大事ではないかと思う。

女だって、男のファッション以上に「収入はあるか?」「安定した職業か?」にまず目がいくのではないだろうか。

まぁここを話だすとまた長くなるし、そんなことは人それぞれ違うので、とりあえずはじめて参加するのなら、まずは無難な格好を心掛けるといい。

ちなみに、女性にもファッションレンタルサービスがあり、専属のスタイリストも付いてくれ、20~30代の女性を向けに普段着から仕事着、婚活・デート服など取り揃えてある。最旬コーデを送料無料でお届けしてくれるよう。

気になる方はぜひチェックしてみてほしい。


エディストクローゼット

髪型・ヘアースタイル

髪はきちんとセットしてから行ったほうがいい。ぼさぼさの髪のまま行くのと、きれいにした状態で参加するのとでは印象が違うだろう。

それと、帽子やキャップはかぶっていかないほうが無難だ。就活やバイトの面接などで、帽子をかぶったまま行く人はいないだろう。それと同じだ。

髪が薄い男子は隠したくなるかもしれないが、ここは正々堂々と自信を持っていこう!

一応、どんな髪型がいいのか、参考程度に写真をいくつか載せておこう。

※注意 もう一度言う。モデルさんたちはイケメン、美人ばかりなので、髪型や雰囲気を参考にしよう。笑

男性編

婚活 アラサーメンズ髪型

出典:woman.excite.co.jp

婚活 男性の髪形

出典:woman.excite.co.jp

女性編

婚活 女性の髪形

出典:allabout.co.jp

【前半】お見合い回転ずしスタート

さて、ここからはパーティーがはじまってからのことについて書いていこう。

多少イベント会社によって流れは異なるものの、だいたいは男女が交互、もしくはテーブル越しに向かい合って座り、1~3分程度の話をしながら男性が回っていくお見合い回転寿司スタイルで進んでいく。

まずはあいさつからはじめ、プロフィールカードを交換し、お互いの共通点や興味のある話題に花を咲かす。まぁ、1~3分と短い時間なのですぐに終わってしまうのだが、男の場合、これだけでも「あ、この子いいなぁ!」と思える女性は出てくる。

正直な話、パッと見て「う~ん。。ちょっと違うな、。」と思ってしまった子はあとから挽回することはほとんどない。(私の場合であるが。)

で、人気のある男女もだいたいパッと見で分かる。

女性の場合…ルックスが良く、そして愛嬌が良い

男性の場合…こちらもルックスが良く、コミュ力がある、そしてスペック(年収・学歴・資格など)

おそらくでこれらで決まっている。あとはお互いの会話が合うかどうか、フィーリングで決まるだろう。

とりあえず、前半は全員の異性とお見合い回転すし形式で話し合って終了。

前半戦が終わった後、第一印象カードという紙に気になる異性の番号を書き、スタッフが回収にくるので渡す。ここで前半戦が終了。だいたい一時間くらいだ。

ただ、中には前半・後半共に「フリータイムだけ」や「お見合い回転すしだけ」のイベントやお見合い回転すしを1回だけ話して終わるイベントもある。

【後半】フリータイム

続けて休みもなく後半がはじまる。この時水・お茶などの飲み物やケーキ、クッキーなどのお菓子が出るイベントもあり、男性が女性に持っていく光景を目にする。

稀にガツガツ1人で食べてる女性もいるのだが、出会いを求めてきているのだから、ガツガツとケーキやお菓子を食べたりしないで行儀よくしていたほうが無難だろう。メシモクだと思われてしまうかもしれない。

後半はフリータイム形式のパーティーがほとんどで、前半に話した異性の中でも気になった相手と話せるよう自由に動ける。だが、時間があまりないのとやはり男性が積極的に動くことになるので、人気の女性に列ができることも多々ある。

「会話やフィーリングも合って、次につながりそうかも。」と思える女性がいても、他の男性がババッとその女性の近くに並んでしまうこともけっこうある。

なので、お目当ての子がいたら、その子の近くの女性ととりあえずで話をしておき、同じく3分ほどの会話が終わった後に、すかさずお目当ての子と話せるように立ち回るのが婚活パーティー必勝法の1つである。ゲスいかもしれないが、これくらいの立ちまわりができなければ不完全燃焼で終わってしまう。

おそらく、はじめて参加したときは、てんやわんやしてしまい、こういったこともできないだろう。なので、はじめて参加する場合は、社会勉強だと思ってあまり期待せず婚活パーティーを楽しむことをオススメする。

ちなみに自慢ではないが、フリータイムの時に女性のほうから「よかったらお話ししてください!」と言われたことは何度かある。あるのだが、女性はアプローチ慣れしていないので、ぎこちなさが伝わってきてしまい、正直引いてしまうことが何度かあった。

もちろん、声をかけられてうれしいのだが、相手が緊張しているのか話がかみ合わないケースが多い。もしかしたら男のハンターとしてのプライドが傷ついているのかもしれない。

もちろん女性から声をかけるのはOKなので問題はないのだが、もしあなたが女性で積極的にアプローチしたい男性がいた場合は、サラッと自然な感じで声をかけるように心がけよう。一言「あの~、よかったらお話ししませんか?」と声をかければいいだけである。

たいがいOKをもらえるだろうが、もし断られてしまった場合は、その男とは縁がなかったと思い2番目に良かった男性に声をかけてみるのもありだ。

ポイントは「あの~」だ!この「あの~」が言えれば、続けて「よかったらお話しませんか?」も言える。毎日10回お風呂の中で練習しよう!

【関連記事】

フリータイムでは携帯番号orLINE(ライン)の交換を!

後程詳しく書くつもりだが、婚活パーティーでは最後よかった異性を第一希望から第三希望(中には第五希望くらい)まで決め、スタッフに提出し、マッチングを行う。

そこでカップル成立となれば、めでたしめでたし…ではあるが、結局番号交換はその後の会場を出たところで行われたり、カップル成立カードをもらい後日連絡する形となる。なので、フリータイム中に聞いて、連絡先を交換しても実質変わりはないのである。

また、男女ともに出会いを求めて参加しているということと、数分間話しただけでは相手のことがよくわからないという理由から、とりあえずで連絡先を交換することもある。それらのことから、フリータイムでいい感触がつかめたのなら、ダメ元でもいいので

「よかったら連絡先を聞いてもいいですか?」

「LINEの交換していいですか?」

と言っておこう。

断られるときももちろんあるが、断られても何も失うものはない。どうせ二度と会わないだろうし、ネットに「変な男に番号聞かれた。きもーい。」と書かれることも、まぁないだろう。あっても気にしないことだ。笑

もしも断られることに恐怖を感じているのなら、あなたの連絡先やメールアドレス、ラインのIDを書いたメモを相手に渡すだけでもいい。なんだかんだで、

「さっきはありがとうございました。○○番の○子です。よろしくお願いします。」

と連絡がくることがけっこうある。

私の場合は、3回に2回は連絡がきていた。

「連絡先を教えてほしい!」

と言う時よりも、自分の連絡先を書いたメモを渡しただけのほうが反応がよかったかもしれないが、自分から聞いておいてよかったと思える経験も何度かあったので、勇気を出して連絡先を聞くことをオススメする。

「本当かよ!?」と信じていない方もいるかもしれないので、証拠として先日参加したパーティーパーティーの運営事務局から届いたこちらのメール画像を載せておこう。

少しは私の言うことが信じていただけただろうか?

がしかし、残念だったのは、パーティーパーティーに登録してあるメールアドレスがサブで使っているアドレスだったため、気づいたのがメール受信1か月後だったことだ。そうなると、もうこの女性が誰か分からない。というか、参加者の顔を思い出すのも一苦労する。。せっかくメールをいただいたのに、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

まぁ、婚活パーティーは一期一会であり、チャンスを逃すとこうなるということも覚えておいてほしい。

とりあえず「たぶん一番キレイなあの子だっただろうな。」ということにしておいて、私の言ったことが本当だと思っていただければ嬉しい限りである。

【※追記】フリータイム時に番号交換を禁止するパーティーもあったので、その際は連絡先を書いたカードを渡しておこう。

ナンパもきっかけは一言からはじまる

余談になるが、この一言が言えるだけで、ナンパができるようになったりもするだろう。

ナンパもきっかけは、たった一言である。たった一言声をかければその後が続くチャンスが生まれるのだ。

ちなみに私はナンパ師ではないが、この婚活パーティーでの一言を言うことに慣れてきて、一皮むけたように感じている。バーで隣に座っている女性に声をかけるときも、一言からはじまる。

知らない土地に行き、道を尋ねるときは簡単にできるだろう。それと同じである。

何度か試し、成功体験を重ねるうちに、ものすごい展開にもなりえる可能性もあるので、ぜひ覚えておいてほしい。

女子からのアプローチ法

女性の場合ももし好印象の男性がフリータイムに来てくれたのなら、

「あの~、よかったら連絡先交換しませんか?」

と一言言うといい。

そこで連絡先を交換すれば、ほぼ高確率でカップルになることも確定するだろう。(たまにならないこともあるかもしれないが…。)せっかくオシャレをしてきて、出会いを求めてパーティーに参加しているのだから、その一言くらい言えるようになろう。

繰り返しになるが、断られても失うものは特に何もない。変なプライドは捨てて、一言伝えてみよう。

カップル発表タイム

長かったパーティーも終わりに近づき、カップル集計のタイムに入る。

第一希望から第三希望(イベントにより異なるが、第五希望まで書けるところもある。)までを用紙に書き、スタッフに渡す。その間、スタッフから会社のパンフレットを渡され、5~10分ほど待たされる。直前まで話していた目の前の異性と話をしている方もいるし、疲れ果ててぐったりしている方もいる。

そして、いよいよ待ちに待った結果発表のタイム。

スタッフ「今日はなんと●組のカップルが誕生しました!おめでとうございます!」

参加者⇒ドキドキしながら拍手をする。(笑)

ここでは、名前ではなく番号を発表される。この時間は何度参加してもそわそわしてしまう。

ほぼカップル成立だろうなと思えるときもあれば、今日はダメだろうと思う日もある。ただ結果は発表されるまで分からない。

スタッフがその日のカップル成立数をまずは言い、カップル成立した男女の番号を読み上げていく。正直、言葉にできない光景である(笑)

「こんなイベントがなければカップルになることもできない日本は大丈夫なのだろうか?」

そう思ってしまったこともある。

 

まぁ、そんなこんなで婚活パーティーは終わり、カップル成立した方は会場の外で番号を交換し、時間があればカフェに行ったり、食事や飲みに行ったりもする。

残念ながらカップルになれなかった男女は、そそくさと駅へ向かうことになる。

【ロスタイム】敗者復活戦?

しかし、ここで終わりではないのが婚活パーティー。

アグレッシブな男性は、カップルになれなかったとしても、気になった女性やカップルにならなかった女性に声をかける。もうこれはナンパである。

私はこの行為をしたことはないが、見ているとたいがい失敗に終わっている(笑)

稀に意気投合し、「2対2で飲みに行こう!」みたいな会話をしている人たちもいる。まぁ、せっかくの機会なのだからそれもまたよし。

 

と、長くなってしまったがこれが婚活パーティーの一通りの流れである。

まだまだ書きたいことはあるのだが、別の機会に書く予定だ。ぜひ楽しみにしていただければ私もうれしい。

早速、婚活パーテイーに参加しようと思った方、さらに詳しく婚活パーティーについて知りたい方は、こちらの「オススメの婚活パーティーまとめ一覧」をチェックしてみてくれ!

婚活パーティーの知恵袋(Q&A)

知り合いに会ったことはありますか?

知り合いにバッタリ会うことはできれば避けたいと思う人は多いだろう。

私の場合であるが、1回だけ知り合いに会ったことがあるがそこまで面識がある子ではなかった。50回以上参加して1回だけだし、確率的には低いと言える。

まぁ、その知り合いだってびっくりしただろうし、普通はまわりには言わないだろう。

友達と一緒に参加していたら「友達の付添いで参加してる。」、一人で参加していたら「スタッフに知り合いがいて参加してって頼まれて。」などと言っておけ!

大人数のパーティーと少人数のパーティーはどっちがいいですか?

個人的には大人数のパーティーのほうが楽しい。たくさんの異性に出会えるし、好みの異性がいる確率も高くなる。ただその分ライバルの同性の人数も多くなるという点もある。

大人数が苦手、人目を気にするという方は少人数のパーティーや個室型がいいかもしれないな。また大人数型だと友人と参加している女性も多いので、一人で気軽に参加するなら個室型やお一人参加限定のパーティーに参加するのもいいと思う。

時間があれば、一度両方のイベントに参加してみて、自分に合うパーティースタイルを探してみるのもいいだろう。

丁度いい人数は何人くらいのパーティーですか?

私的には男20人 対 女20人くらいが丁度いいように思う。なぜかというと、3人くらいお目当ての異性がいれば十分だから。

仮に一回のパーティーで10人もお目当ての子がいても多すぎて立ち回りきれない。ただ、50回以上参加してそんな事態になったことは一度もない。多くても4~5人くらいには絞りこめる。

ただ、これは私の意見であり、おそらく女性の場合は男10~15人 対 女10~15人くらいのほうがいいかもしれない。一人ひとりとたっぷり、ゆっくり話せる時間があったほうが相手のことをよく知ることができるだろう。

また、人によってはもっと少人数制のほうが合う方もいると思うので、そのあたりは自分にあったパーティーを探してみてほしい。

ついでに言っておくと、男女ともに各40人以上になるともう誰が誰だか分からなくなりやすいので注意が必要だ。

かわいい子・イケメンはいますか?売れ残りばっかりじゃないんですか?

まぁ、みんな気になる点だと思うので正直に答えよう。どこからがかわいくて、イケメンなのかは人それぞれだと思うが、10人に1人くらいはいる感じだろう。多いときは5人に1人はイケてる時もあった。

イメージとしては、学生時代の「クラス」のような感じだ。クラスにかわいい子は最低1人はいたと思うし、だいたい2~3人くらいは各クラスにいたんじゃないだろうか。

なので、参加女性が30人いたら4~5人くらいはかわいい子はいる。参加男性が30人いたら3~4人くらいはイケメンがいるような感じだろう。

で、その他大勢は売れ残り、、と言ったら失礼なので、牛丼で言うと「並」と「小皿」な人たちだ。(笑)まぁ、軽い婚活ジョークをかましてみただけなので誤解はしないでほしい。。

もちろんルックスがいいか、悪いかなんてのは人によるし、そのイベントとタイミングにもよるので、このあたりの判断はあなた自身が参加して確かめてみてほしい。

サクラはいますか?

私は50回以上のパーティーに参加したが、サクラや何か売り込みをかけてきた女性に会ったことはない。100%いないとは言い切れないが、そこまで気にする必要はない。

仮にカップリングして、「サクラじゃないか?」と疑問に思う点があれば、フェードアウトすればいいだけではないだろうか?

ただ、ネットの口コミ情報ではあるが、やはりヤリモクや既婚者遊び人男性、ア●ウェイなどのマルチ系、保険のセールスマン・レディーなどもいるとの噂もあるので、油断は禁物である。

何か持って行くものはありますか?

まぁ、婚活パーティー会社のホームページにも書いてあるだろうが、ボールペンだけは忘れずに持っていこう。忘れると1本100円取られるケースが多い。

あとは、小さいペットボトルのお水も持参していくといいかもしれない。パーティーがはじまると中間タイムまでの1時間休みはないので、初めて参加する方は飲み物があったほうがいい。

また、口臭や匂いを気にする方はパーティー参加前に近くのカフェのトイレなどで歯を磨いたり、香水や消臭スプレー?でも振りかけておいたほうがいいかもしれない。

プロフィールカード、告白カードってどんな感じですか?

こちらはシャンクレールのものだが、他の会社のカードもだいたいこんな感じになる。

プロフィールカード

check1

第一印象カード・インプレッションカード

出典:シャンクレール

LINEをやっていないんですが、はじめたほうがいいですか?

LINEはできればやったほうがいい。95.39%以上の人はLINEをやってたし、メールアドレスの交換だとアドレス名が長いと間違える場合もある。

今ガラケーでもLINEはできるようなので、この機会にはじめてみたらいいんじゃないか。

まぁ、どうしてもLINEをやりたくないという人は、電話番号を交換してSMSで連絡を取るのもアリかもしれない。

婚活アプリもやったほうがいいですか?

パーティーとは関係ないが、婚活アプリやネット婚活もできればやったほうがいい。やはり毎回パーティーイベントに行くのも疲れるし、お金もかかってしまう。

結婚相談所となると、値段もかなり上がってしまうので気軽には入会できないが、婚活サイトやアプリならすぐに始められるし費用も安い。女性なら無料のものもたくさんある。

どんな異性が婚活をしているのかも知ることができるので、自分のモチベーションアップにもつながる。深く考えずに無料登録をして、試してみることをオススメする。

詳しくはこちら「マッチングサイト歴14年の男が語る!オススメの婚活サイト・アプリ7選」に詳しく書いたので、併せて読んでほしい。キャラ設定を間違えたので敬語になってしまったが、その辺も一つの見どころである。w

 

以上、長くなってしまったがこれが婚活パーティーに50回以上参加した私が語るパーティー事情である。

もしも婚活パーティーというものに興味を持っていただけたのなら、ぜひ一度参加してみることをオススメする。

先ほども書いたのだが、はじめはガチで恋人や将来のパートナーを見つけに行こうと過度な期待はせず、

「婚活を楽しむ」

「どんな人が婚活しているのかの社会見学」

「合コンできるお友達作り」

くらいの感覚で行くのが丁度いい。ぜひ覚えておいてほしい。

P.S. まだ迷われている方、自信がない方へ

本記事を読んで、

「婚活パーティーのことは分かったけど、まだ不安だなぁ。一緒に行く友達もいないし…。」

「自分じゃ参加しても相手にされなさそう、自信もないしなぁ…。」

と思った方もいるかもしれない。

そんな方に、最後にこの言葉を送りたい。

この道を行けばどうなるものか

危ぶむなかれ

危ぶめば道はなし

 

踏み出せばその一足が道となり

その一足が道となる

迷わず行けよ

行けばわかるさ

引用:crd.ndl.go.jp

 

「結婚したいですかぁぁ?」

「恋人欲しいですかぁぁ?」

 

「暖かい家庭を築きたいですかぁぁ?」

「お帰りなさい!」って待っていてくれる人、欲しくないですかぁぁ?

 

「クリスマスやバレンタインはもう苦しみたくないですかぁぁ?」

「本当の愛を手に入れたいですかぁぁ?」

 

いくぞ!

 

1!!

2!!

3!!

(はい、手を上げて!!)

ダァァアアァァーーーーーーーーー!!

婚活闘魂を注入し、みなぎるパワーとメンタルを手に入れ、ロマンスの神様が振り向いてくれたところで、いざ婚活パーティーへ!!

>>「オススメの婚活パーティー会社11選 ランキング&まとめ一覧」はこちらから

<続けて婚活パーティー必勝法を見る>

婚活パーティー必勝法

ファッション

【服装 男性編】清潔感のある白いシャツがオススメ?

【服装 女性編】女子アナ・アイドル・お嬢様を目指せ!

コミュニケーション

【会話 女性編】まずは笑顔、声はワントーン上げろ!

【モテモテ会話術】覚えておきたい話し方5つのテク

パーティー編

【プロフィールカードの書き方】全て正直に書く必要はない!

【フリータイム編】婚活パーティーの効率的な立ち回り方

カップリング後

【電話・メール編】男は絵文字やスタンプ使ってはいけない?

【デート編】食事代は男性が負担しないといけないの?

【断り方 女性編】はっきり伝えるべき?フェードアウトすべき?

番外編

【×あり・子持ち】離婚歴があると不利?子供がいる場合はどうなの?

【フェードアウト】出会った男性が立て続けに音信不通になる理由とは?

おまけ

婚活市場に潜む、愉快な参加者たちのご紹介

おまけはかなりふざけたが、大事なことを言おう。

「婚活は深く考えすぎないことが大事」ということである。考えても答えが出ない、頑張っても結果が出ないこともあるのが婚活だ。今後の長い人生でもそういった場面もちらほら出てくるはず。

そんなときは必要以上に焦ったり、悩んだりしなくていい。そんな時間があるなら、YouTubeで犬や猫などのオモシロ動画を見て、癒されたり、笑ったほうがいい。

楽観的に、前向きに考えることも大事なので、あまり思いつめたり、答えを無理やりだそうとせず、肩の力を抜いてゆるくやっていくのもアリだろう。

<その他の婚活を勉強する>

日本の婚活について

婚活のルール

婚活をスタートする年齢と活動期間を決めよう

【婚活のルール】婚活女性に私が伝えたいこと

【私って高望み?】自分の婚活偏差値・婚活ランクを知る方法とは?

結婚相談所

売れ残る前に!本気で結婚したいのなら結婚相談所へ入会するべき?

「結婚相談所はどこに入会すればいいのか?」詳しく解説してみました!

ネット婚活

「婚活サイト・アプリって結婚できるの?」実際に10個以上使った男の意見

街コン

「街コンってどうなの?」結婚したい女性必見 街コンについて詳しく解説

その他

【番外編】婚活応援酒場 相席屋ってどうなの?実際に行ってみた体験談

体験談

「29歳の男運悪かった女性が結婚する気のない交際2年の彼氏と別れ、婚活スタートわずか3か月でビビビッときた男性とゴールインした話」

婚活パーティーへ15回参加し、無事結婚!アラサー男性の婚活体験談

 

>>「オススメの婚活パーティー会社11選 ランキング&まとめ一覧」はこちらから

※気軽にコメントください!




Sponsord Links

コメント

  1. taro より:

    動画や画像がイケメンやかわいい女の子ばっかりで、
    このサイトを見て自分じゃ無理だって思う人は多いとは思うw
    自分もその一人ですがw

    1. ATSUSHI ATSUSHI より:

      taroさん

      コメントありがとうございます!
      wwコメント嬉しいです。

      「※注意 画像はイメージです。」って書いておけばよかったかな?
      まぁ、フツメンの画像を探すほうが難しいんですよw

      そんなtaroさんにこの言葉を送りたいと思う。

      【迷わず行けよ 行けば分かるさ】

      結婚したいですかぁぁ?

      ダァ~~~~~!!!ww

      婚活闘魂を注入しておいたので、自信を持ってがんばりましょう!

      Good Luck♪♪

  2. より:

    はじめまして^_^
    僕の婚活パーティー経験値は26歳から10年くらいで参加回数は15回くらいです
    3年50回!月2~3回!ペースて凄い記録ですね!
    婚活パーティーて行くこと自体とパーティー中に労力使うし!髪切りに行ったり服をクリーニングだしたり切れてる香水買い行ったりetcと参加当日の前後も忙しくなりますよね!
    好きとは言え御苦労もあったかと思います!逆に言えば好きだから成し得たって感じですかね
    パソコン上の話しじゃなく経験に基づいた話しだって直ぐに分かりました!
    『そうそう!』って思う内容もあったし『なるほど!』と思える内容もあり僕の婚活パーティー10年振りの復活の際に使えそうです、ありがとうございました
    ^_^
    質問なんですが
    フリータイム中に女性が連絡先を教えてくれなかった場合、告白カードはどうしますか?
    その女性を一途に行きますか?諦めますか?
    その場の状況によるから『こっち』て答えは無いと思うんで3年50回!月2~3回!の経験値が導き出す可能性をご教示頂けれm(_ _)m
    よろしくお願いします。

    1. ATSUSHI ATSUSHI より:

      六さん

      コメント、質問ありがとう。

      >逆に言えば好きだから成し得たって感じですかね

      Exactly(そのとおりでございます)。笑

      >フリータイム中に女性が連絡先を教えてくれなかった場合、告白カードはどうしますか?
      >その女性を一途に行きますか?諦めますか?

      >その場の状況によるから『こっち』て答えは無いと思うんで

      そうですね。確かに答え、正解はないんですよね。

      ただ私なら、告白カードは「とりあえずダメ元で出す」ほうが多いと思います。

      婚活パーティーに15回程参加されている六さんならパーティーの流れや立ち回りなどある程度分かると思いますが、パーティー初参加の時はてんやわんやしてしまい、誰が誰だか分からなかったのではないでしょうか?

      そのいいなと思った女性も初参加だったり、2~3回目でまだ慣れていない方かもしれません。

      もしかしたら、パーティー常連の方かもしれないし、六さんにあまりピンとこなかったり、他の男性で気に入った方がいるかもしれません。

      ある程度は、フリータイムに話した時の相手の反応で気づけるところもありますが、まったく分からない時もあります。

      ただ、質問のように「フリータイム中に女性が連絡先を教えてくれなかった」この女性に告白カードを渡してもうまくいかなかったケースのほうが多かったと思います。特に露骨に嫌な顔をしたり、全く「うん」とも「すん」とも言わない場合は、気持ちを切り替えて次の女性にアプローチするかもしれません。(時間があれば)

      なので、ケースバイケースという感じですね。臨機応変に立ち回りましょう。

      まぁ、考えても分からないのなら、ダメ元で告白カードに「LINEのID or メールアドレス」、「何の話をした(とか)、何色の服を着ていた●●です。」などを書いて提出、でいいかなと思います。

      連絡が来なかったら、諦めもつくんじゃないでしょうか。

      せっかく何千円か支払って、休みの日に時間を割いて参加しているのだから。

      婚活パーティーや街コン、ネット婚活もそうですが、一期一会ではあります。

      でも、チャンスはいくらでもあるのです。

      ダメだったとしても、気持ちを切り替えて次の出会いを探せばいいだけです。

      そして、「ビビビッ!」ときたときのチャンスを逃さないよう、自分の直感を信じるのもいいと思います。

      【迷わず行けよ 行けば分かるさ】

      結婚したいですかぁぁ?

      ダァァッ~~~ッ~~~!!!ww

      六さんにも婚活闘魂を注入しておいたので、自分の直感を信じてがんばりましょう!

      Good Luck☆彡

      by コンカツモイノキより

  3. カオス より:

    参考にさせてもらってます。
    おかげさまで、カップリングの確率が高まりました。ほぼ同じくらいです。
    しかし、カップリング後に1回か2回で終わってしまい、続きません。
    そこらへんもまとめて、教えてくださいm(_ _)m

    1. ATSUSHI ATSUSHI より:

      カオスさん

      コメント、質問ありがとう。

      >おかげさまで、カップリングの確率が高まりました。ほぼ同じくらいです。

      そうですか。いい感じですね。

      >しかし、カップリング後に1回か2回で終わってしまい、続きません。

      ・何回参加されたか
      ・会話やデートコース
      ・お互いのスペック

      などが分からないので何とも言えないところもありますが、
      ある程度は、

      「婚活はこんなもん。よくあること。」

      と割り切って、続けるのがいいと思います。

      心がけるポイントとしては、

      ①誠実さ(嘘はつかない、ボディタッチはしない)
      ②清潔感(服装、髪型)
      ③会話(楽しませつつ、不安を取り除く)
      ④相手の真剣度を見極める

      などでしょうか。

      まぁ、1回目のデートはカフェでお話するくらいでいいと思いますし、
      会う前にある程度連絡を取ってから会うのでもいいかもしれません。

      それと、婚活は疲れない程度に続けていくといいですよ。
      ずっと婚活していたり、いちいち一喜一憂すると疲れますので。

      がんばりましょう!

      Good Luck☆彡

コメントを残す

*

*