1. TOP
  2. 白河桃子さんとぐっどうぃる博士の対談は婚活男女、必読コラム!

白河桃子さんとぐっどうぃる博士の対談は婚活男女、必読コラム!

 2014/05/26 婚活ブログ
この記事は約 7 分で読めます。

婚活をしていく上で、もちろん異性と出会うことや自分の魅力を高めることも大事なんですが、現在の日本の婚活状況を知ることも大事なポイント。

なぜかというと、時代は変わっているからであり、昔の価値観・イメージにとらわれていると婚期を逃してしまったり、勘違い・KYさんだと思われてしまう可能性もあるから。

例えば、昔は男が外へ働きに出て、女は家で子供を育て、家事をするという構図が一般的だったのですが、今は夫婦で共働き家庭がスタンダードになり、男性も家事・育児を一緒にするイクメンも少しずつ増えてきているといいます。

男尊女卑の時代は終わり、男女平等へと進んでいます。デート代は割り勘というカップルも半数以上いるそう。

そんな変化の激しい時代に、

「私は専業主婦になるのが夢なの。男は外で働いて稼いでくるのが当たり前でしょ。」

「デートの時は、男は絶対に女性にごちそうするべき。」

「家事・育児は女の担当。仕事でクタクタに疲れてるんだから、それらは妻がやるべき。」

こういった固定観念を持っていると、婚活がうまくいかない原因になるかもしれないので注意が必要です。

そこで、今回はそんな価値観を少しでも修正するためにオススメのコラムをご紹介いたします。

白河桃子さんとぐっどういる博士です。

■白河桃子×ぐっどうぃる博士 ~少子化危機突破対談~

【第1回】「そもそも、恋愛というのは、生きる余裕があるときに起こるんです」

【第2回】「正しい知識は、当事者に不安を生んで結婚に導きます」

【第3回】「新しいシステムでは、誰かが痛みを味わい、見せしめとなる」

【第4回】「少子化を防ぐためには、新しい社会のためのシステムをつくるべき」

 

かなり長い対談の記事になりますが、とてもよいコンテンツだと思います。

 

私自身、白河桃子さんの書籍「婚活時代」「婚活症候群」はとても良い内容の婚活本だと思います。

婚活女性は最低1冊は白河さんの書籍を読んでおくことをオススメします。

著作

『噂の「おみー君」劇場 – 平成お見合い新事情』(岡林みかん画、マガジンハウス、2000年)「こんな男じゃ結婚できない! – 噂の「おみー君」劇場」光文社知恵の森文庫

『結婚したくてもできない男 結婚できてもしない女』(サンマーク出版、2002年)

『「キャリモテ」の時代』(日本経済新聞出版社、2008年)

『跡取り娘の経営学』(日経BP社、2008年)「老舗復活「跡取り娘」のブランド再生物語」日経ビジネス人文庫

『結婚氷河期をのりきる本!』(メディアファクトリー、2008年)

『あなたの娘や息子が結婚できない10の理由』(PHP研究所、2009年)

『セレブ妻になれる人なれない人』(プレジデント社 2010年)

『震災婚 震災で生き方を変えた女たち ライフスタイル・消費・働き方』2011 ディスカヴァー携書

『専業主婦に、なりたい!? “フツウに幸せ”な結婚をしたいだけ、のあなたへ』講談社 2011

『震災婚』 (ディスカヴァー携書 2011年)

『妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング』(講談社 2012年 齊藤英和氏と共著)

『女子と就活 ―20代からの「就・妊・婚」講座』 (中公新書ラクレ 2012年 常見陽平氏と共著)

「『産む』と『働く』の教科書」(講談社 2013年 齊藤英和氏と共著)

『格付けしあう女たち「女子カースト」の実態』(ポプラ新書 2013年)

『専業主婦になりたい女たち』(ポプラ新書 2014年)

共著

「婚活現象の社会学」東洋経済新報社 山田昌弘著・編集 第六章 誤解された「婚活」婚活ブームを検証する

「雅子さま論争」  新書y 森暢平、香山リカ、水無田気流、小田嶋隆、湯山玲子、信田さよ子諸氏との共著

『「婚活」時代』(山田昌弘共著、ディスカヴァー携書、2008年)

『妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング』齊藤英和共著 2012 講談社+α新書

『「婚活」症候群』(山田昌弘 共著、ディスカヴァー携書、2013年)

引用元:wikipedia

また、ぐっどうぃる博士の書籍に関してはほぼ全て目を通したと思います。

私はこれまでに多くの恋愛・婚活書籍を読んできましたが、上位ランクに入る内容のものが多いです。ハズレはないと言ってもいいかもしれません。

ぐっどうぃる博士とは?

生命科学分野の博士号をもち、自身の体験と科学的視点から独自の恋愛メソッドにより主に女性からの恋愛相談を解決してきた「恋愛カウンセラー」です。

出版する恋愛指南本はすべてヒットを飛ばし、出演する講演会も超満員。理論的、かつ分析的な独自の恋愛理論を展開し、迷える20後半から40代女子達に人気を博している「ぐっどうぃる博士」。

引用元:恋愛ユニバーシティー

婚活をしていた当時はあまりまわりの男性には読んでほしくなかったともいえる「モテの定理」。婚活男子は絶対に読んだ方がいいですね。DVD付でお得です。

また婚活女性もぐっどうぃる博士の本、一冊は読んだほうがいいと思います。

 

特におすすめなのが、「結婚を考えはじめた女へ: 何が男の心を動かす“決め手”になるのか」ですね。時間がある方は、ぐっどうぃる博士の本は全部目を通しておいたほうがいいでしょう。

最近はユーチューブでも顔を出して、コンテンツを配信しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

恋愛ユニバーシティをご存知ですか?

また、恋愛ユニバーシティというサイトでは、ぐっどうぃる博士の音声ファイルも聞けますし、(無料・有料あり)1時間3万円と高額ですが、直接電話相談もできるので、婚活女性にとってとても良いサイトです。

やみくもに婚活をすると、婚活疲れを感じ、最悪うつ病や男性・女性不信になってしまいます。また婚活難民になったり、迷宮入りして帰ってこれない人もいますので、良書や良いコンテンツを読んで、きちんと婚活計画を立てることをおすすめします。

おわりに

婚活マン

いかがでしたか?

婚活の情報はネット上のたくさん出回っていますが、ネット上にはあまりオススメできない不確かな情報もたくさんあります。

また、正しい情報ではあっても、読み手によって理解できるもの、できないもの、当てはまるもの、そうでないものなどもありますので注意が必要です。

今回ご紹介した白河桃子さんやぐっどうぃる博士などは婚活の専門家で、書籍もたくさん出版している方々なので、安心して大丈夫でしょう。

逆に結婚相談所を運営している方の書籍、ブログやコラムなどは、「最終的には自分のところに入会しなさい」といった営業になっていることも多いので気をつけてくださいね。

もちろん中には本当に結婚できずに悩んでいる男女のために情報を発信している方もいらっしゃいますが、恋愛・婚活初心者だと見分けることが難しいかもしれません。

なので、一つの目安として、アマゾンのレビューを見て評判の良い著書の方の情報を見たり、ユーチューブの動画などもないかチェックしてみるといいでしょう。

(関連記事)

結婚相談所はどこに入会すればいいのか?詳しく解説してみました!

男は婚活女性の年齢をどの程度気にするのか?ぶっちゃけて言うと…

専業主婦という職業にあこがれる女性へ!リスクを理解してる?

この記事のタイトルとURLをコピーする



Sponsord Links

\ SNSでシェアしよう! /

婚活レボリューションの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

婚活レボリューションの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ATSUSHI

ATSUSHI

婚活・恋活を研究するアラサーの独身男女中心の編集部 編集長ATSUSHIは恋愛・婚活書籍を100冊以上読破 婚活パーティーに50回以上参加 これまでに100万円以上もの費用を婚活に費やす。あなたが同じ過ちを犯さないよう、婚活に関するすべてを公開するためにHPを立ち上げる!

関連記事

  • 「出会いがない」は言い訳?婚活男女必見の出会い方 30種類以上

  • 10代、20代の若い男性は本当に草食系が増えたのか?最近の体験談

  • 婚活に疲れた時は、結婚を後悔している人の悩みを見るといい?

  • 婚活で「同時進行・キープ」、お断りせずフェードアウトは当たり前?

  • 29歳フリーター女性 結婚相談所オーネットの婚活パーティー体験談

  • 【私って高望み?】自分の婚活偏差値・婚活ランクを知る方法