1. TOP
  2. 料理
  3. 婚活必勝法【花嫁修業編】結婚したいなら料理教室に行け!レッツクッキング♪

婚活必勝法【花嫁修業編】結婚したいなら料理教室に行け!レッツクッキング♪

 2015/04/01 料理
この記事は約 7 分で読めます。

私はこれまでにたくさんの婚活女性と出会ってきたが、今はみんないろいろな趣味を持っている。

定番は旅行やジム通い、音楽・映画鑑賞。そして女子のヨガ率はかなり高い。(笑)

英語や韓国語を勉強している子、フラダンスやベリーダンスをやっている子もいれば、ギターやピアノを習っている子もいる。最近は登山に行ったり、ボルダリング(岩や石を登るスポーツ)などをするのも流行っているようだ。

もちろん趣味がこれといってない子もいるが、半数以上の子はこういった趣味や習い事をしていたと思う。

私の個人的な意見でもあるのだが、料理教室に通っている女性は魅かれてしまう。やはり料理が上手な女性はポイントアップする。別にプロ並みのおいしさを求めているわけではないが、料理を習っているというだけでかわいく思えてしまうのだ。

そこで今回は、料理教室へ通うことの重要性についてお話しさせていただく。

「ありあわせの食材」でおいしい料理を作れるか?

私の経験ではあるが、交際中の女性がいたとき、やはり料理してる姿を見ると萌える。手馴れている姿だと、「この子なら結婚してもいいかな。」と思ってしまう。

やはり結婚する女性には「料理が上手であってほしい。」と思う男性は多いだろう。毎日食べなくては生きていけないのだから、おいしい料理がでてきたらそれだけで幸せだ。

そして、ここぞという時に得意料理を作るよりも、男が「腹減った~。なんか食べるものない?」といったときに、冷蔵庫にあるありあわせの食材でサラッとおいしい料理を作れる女性が本物だ!そういった女性と出会うと男は結婚したいと思うのだ。

逆に料理が下手な子だと辛い。センスの問題もあると思うが、「まずい料理を毎日出されたらたまんないなぁ。」と思うし、結婚をためらってしまうだろう。

そう、【男の胃袋をつかむこと=結婚への近道】なのだ。女が男に「頼れる人」「引っ張ってくれる人」を求めるように、男も「料理ができる女」を求めるのだ。

しかし、料理教室に通っている婚活女性はほとんどいない。10人に1人もいなかったと思う。婚活をしていて、プロフィール欄に、「趣味:料理」という子が全然いないのだ。

料理教室に通うことに価値がある

「私は普段から自炊してるし、自信あるから料理教室なんて行く必要ないわ!」

という子もいるかもしれない。確かに普段から料理をしている子ならレパートリーも多いだろうし、普段料理をしていない子に比べたら上手だろう。

それはそれでいいのだが、「結婚したい!」「いい男をゲットしたい!」という婚活女性なら、「料理教室に通っている。」というのはかなりでかい武器になる。

露骨にアピールするのはあまりよろしくないが、プロフィールカードの趣味に料理、料理教室へ習いに行ってるということをサラッと書いておくといいだろう。

「得意料理はなんですか?」と聞かれたら

「得意料理は何ですか?」と聞かれた時、あなたはなんと答えるだろうか?

女子的にはパスタやビーフストロガノフと答えるのも悪くはないが、やはり男子が好きな定番の

  • カレー
  • ハンバーグ
  • オムライス
  • 肉じゃが

「この辺りはけっこう得意ですよ。」

と言っておこう。プラスアルファで、

「最近は、明太子を使った料理にもこってて、こないだ作った冷製パスタは美味しかったです。」

と伝えると、男は惚れてまう。(笑)

バレンタインのチョコは手作りがいいですか?

最近は手作りチョコをプレゼントする女子も少なくなってきたようだ。これは男として本当に悲しいこと。

確かに買ったほうが安上がりだし、美味しいかもしれない。仕事も忙しいと作る時間もないだろう。

だが、やはり心のこもったチョコレートを本命の彼だけにプレゼントすることに価値があるのだ。

もちろんチョコでなく、クッキーでもいい。上記の写真のように、かわいらしいキャラのクッキーをプレゼントすれば、男のハートを鷲づかみにできるだろう。

中には冷めた男もいるので見極めは必要だが、男を結婚へと導くには、こういったところも徹底してやらなければならない。

間違った趣味とは?

「フラダンスをやっています!今度大会に出場するんです。」

という婚活女性と会ったことがあるのだが、あまりそういった子とは結婚したいと思わない。

別にフラダンスをバカにしているわけではないが、仮にその子と結婚したとして家の中で頻繁にフラダンスを踊られたり、ハワイアンミュージックが流れている生活は耐えられない。と想像してしまう。(笑)

しかし、

「月に2回料理教室に通ってるんです。得意な料理はビーフシチューとグラタンです♪今度作ったら写メ送りますね^^」

と言われたらたまらない。「かわいいやつだな~。」と思ってしまう。

その子の家に調味料やオーガニックフードがたくさんあったり、冷蔵庫の中を見て料理好きな感じがするとまたポイントアップする。

ただ、「ミント育ててます。」とか「自分で漬物つけてます。」っていう子はあんまり好きではない。たまにいるんだな。。(笑)

別に月に1回でもいいので料理教室に通って、プロフィールの趣味や特技の欄に書いておけばいいだけだ。

「趣味:料理」だけだと、イヤらしいく感じる可能性もあるので、もう一つ趣味があるといいかもしれない。

「趣味:フラダンス、料理」

「趣味:英会話、料理」

こう書いてあると自然だ。

ロコモコでも作ってやれば、男はいちころだ!(笑)

日本食を習え!

料理教室でも普段日本人が一般的の食べるような料理を作るほうが望ましい。

女性はパン教室とかお菓子講座などに行ってしまいがちな多いイメージがある。もちろん習っていないよりはポイントは高いが、やはり日本食がいいだろう。

別に有名シェフから直々に習わなくてもいい。

ABCクッキングでいいのだ。というより、ABCクッキングにしとけ!(笑)

まずは誰が食べても「おいしい!料理上手だね!」と言われるレベルを目指そう。

ミシュランで星を獲得するレベルは目指さなくていいが、せめてスーパーで売っているお惣菜やお弁当よりはおいしいものを作れるようになろう。

本当の女子力アップとは、おいしい料理をササっと作れる女なのだ。

結婚したいのならば、まずは男の胃袋をつかむべし!

併せて読みたい婚活記事

「婚活サイト・アプリで結婚できるの?」実際20個以上使った男からの意見

【29才女性】男運が悪く、結婚する気のない彼と別れ結婚相談所IBJへ入会した話

あとがき

いかがでしたか?

先ほども話したが、本当に料理教室に通っている婚活女性は少ない。おそらく10人に1人いるかいないか?くらいだろう。

花嫁修業と言えば、まずは料理教室というのは昔から言われていることだが、それを実践している婚活女はほぼいないということだ。

だからといって「じゃあ、私もわざわざ通わなくていいじゃん!」と思うのはダメだ!料理教室へ通うことによって、ライバルの婚活女より一歩も二歩もリードできるのだ。

仮にあなたが結婚間近の男性に料理を作る機会があったとする。そこで、男の胃袋をつかめなかったら全てがパーになる可能性も無きにしも非ず。

本気で結婚したいと思っているのなら、今週末にでもABCクッキングへ行って来い!

 

(婚活関連記事)

婚活パーティーの基礎知識

 婚活パーティーに50回以上行った男が全てを暴露!服装・立ち回りについて

婚活パーティーの選び方

これで安心!婚活パーティー 11社のイベント 傾向と対策

1年以内に結婚したいなら結婚相談所へ

「結婚相談所はどこに入会すればいいのか?」詳しく解説してみた!

【体験談】見事成婚した婚活プリンセスの物語

アラサー女性の婚活体験談!恋活アプリで出会いってもうすぐ結婚

30歳女性 先輩を反面教師にし結婚相談所へ入会→成婚退会した体験談

この記事のタイトルとURLをコピーする



Sponsord Links

\ SNSでシェアしよう! /

婚活レボリューションの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

婚活レボリューションの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

ATSUSHI

ATSUSHI

婚活・恋活を研究するアラサーの独身男女中心の編集部 編集長ATSUSHIは恋愛・婚活書籍を100冊以上読破 婚活パーティーに50回以上参加 これまでに100万円以上もの費用を婚活に費やす。あなたが同じ過ちを犯さないよう、婚活に関するすべてを公開するためにHPを立ち上げる!